北海道日本ハムのドラフト4位、敦賀気比の平沼翔太投手に二刀流の道

平沼翔太

北海道日本ハムは、センバツ優勝投手の敦賀気比・平沼翔太投手を野手として指名し、この日は大渕隆スカウトディレクター、熊崎スカウトが指名あいさつをおこなった。栗山監督は投手としても見極めたいという意向があることが分かった。

遊撃手として

平沼翔太投手は昨年夏の甲子園でエースとしてベスト4に進出し、今年春のセンバツではエースとして優勝を飾っていた。140キロ前半の速球と高校生では打つのが難しいキレの良いスライダーを武器に、老獪にも見えるピッチングを見せていた。本人は投手でのプレーを希望しプロ志望届を提出したが、プロからは抜群の打撃センスや足の速さといった身体能力を評価され、野手としての評価が高かった。国体ではショートの守りにつき、野手としてプロでやっていく姿勢を見せた。

この日の指名あいさつでも担当の熊崎スカウトは「センバツ優勝投手だしピッチャーにこだわりを持っているのは百も承知しているが、まずは内野手で大成して欲しい」としショートとして期待していることを伝えた。

 

栗山監督は二刀流の道も

しかし栗山監督は甲子園で平沼投手のピッチングを見続けており、「投手としての可能性も消したくない。両方みていきたい」と話し、投手としての素質も見てく姿勢を示した。

平沼投手は「まずはしっかりショートでレギュラーになるのが自分の役割。」と話したものの、「ピッチャーという希望も出していけたら良い」と話し、投手としてもアピールしていく姿勢を示した。

熊崎スカウトは「最近の高校生には少ない強い意志を持った選手」と投手へのこだわりについても理解を示した。

希望する投手としてプロのマウンドに挙がることができるか、平沼投手の戦いが始まる。

2015ドラフト全指名選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

平沼歩む、大谷の道 スポーツニッポン紙面 2015/10/28

 


PAGE TOP