東海大・菅野智之投手と北海道日本ハムの1回目の面談が終わる

菅野智之, 東海大

北海道日本ハムが東海大・菅野智之投手と面談し、さまざまなコメントがスポーツ紙に書かれている。

スポーツニッポンサイトに掲載された一問一答

北海道日本ハムが想像以上に高く評価していること、リスクを追いながら指名した事などが伝わり、事前に指名のあいさつが無かった事などのわだかまりは今回の面談で解消されたようだ。それについてはまずは1歩目と言ったところでしょう。

次に進路については、まだまったく決まっていない感じで浪人、大学院、社会人、プロ入りの4つの選択肢があるようですね。本人としては1年の浪人はリスクを負うと語っているほか、ダルビッシュ投手などには憧れを持っていて当然一緒にやりたいという気持ちがあるでしょう。ただしそれを抑えるように、目先の事だけでなく将来を考えて進路を決めたいと語っている所もあり、これからまたいろいろアドバイスを受けることになるでしょう。

一応、北海道日本ハムとの2回目の面談はありそうなので、そこで今度は北海道日本ハム側から、どれだけPRできるかですね。栗山監督の参加もあるでしょうし、野球をする環境や、ダルビッシュ投手を育てた実績などもあるでしょう。まずはそれがポイントとなりそうですね。

あと個人的には前にも書いたように原辰則監督のアドバイスが最後に効いてきそうな感じがします。原監督が球界全体を考えて、また将来も考えると今プロ入りした方がいいと思うので甥の事も考えて北海道日本ハム入りを薦めるのではないかとも思うのですが。ただし、ドラフトを見てきた経験からも最近では長野久義選手の時も木村雄太の時なども、軟化したかなと思いきや最終的にプロ拒否ということがあったのでわかりませんね・・・。


PAGE TOP