巨人、ドラフト1位は智弁学園・岡本和真選手、スポーツ報知が1面報道

高校野球ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 巨人が智弁学園の岡本和真選手を1位最有力にしたと、スポーツ報知が1面で報じた。

中田翔以来の逸材

 スポーツ報知によると、巨人のスカウトの間では岡本和真選手を「右打ちの野手としては中田翔以来の逸材」と話し、「即戦力投手は毎年出てくるが、これだけの高校生バッターは出てこない」と評価をしているとのこと。

 巨人は先発投手を補強ポイントとし即戦力投手として、早稲田大・有原航平投手を最上位候補とし、その他にも即戦力投手を追ってきたものの、山下スカウト部長も「今年は菅野クラスの投手はいない」と話していた。しかし同時に、将来の野手を探す動きも見せており、横浜高校・浅間大基選手などもリストアップしていた。

 CSでは打線が低迷して4連敗、坂本、長野、そして阿部頼りの打線も2年連続でポストシーズンで課題を見せた。外国人やFAで投手の候補は毎年出てくるが、主軸の良い打者が出る事は難しく、主軸はやはり自前で育てる事が必要との判断もあるとみられる。

 

サードで育てる

 打撃では高い評価を受ける岡本和真選手だが、ドラフトの目玉クラスにならなかったのは、守備が一塁手という事もあるが、巨人関係者は「一塁の守備を見ても、ハンドリングがいい。サードで鍛えればこなせる能力がある」と話した。将来の4番サードとして育てる方針のようだ。

 岡本和真選手は高校生打者としてNO1と評価されるが、今のところ他球団の1位指名情報は無い。他球団も有原航平投手、安楽智大投手、高橋光成投手に他の即戦力投手に注目をしており単独1位指名の可能性もあるが、投手の候補がいずれも故障をしている事から、今年は将来の4番を目指す球団が出てくる可能性もある。

 球団はスカウト会議で当日の指名シミュレーションを行い岡本選手の1位指名を決定する模様。高校生野手の1位指名となると、2008年の大田泰示選手以来だが、その時もスポーツ報知が事前に1面で報道している。スポーツ報知の1面で出た事が読売グループの意思表示ともとれる。

 

投手はFAか

 ただし巨人は先発投手陣も杉内投手や内海投手を擁しながらも、2年目の菅野智之投手に頼っている所も大きい。菅野投手が故障で離脱するとチームの成績が落ち、CSでは相手を食い止める投手がおらず4連敗した。

 先発投手の補強も必須のポイントだが、こちらはFAで金子千尋選手などの獲得を目指していくことになりそうだ。

 岡本は高校通算73発を誇る長距離砲で、広角に一発を打てる柔軟性も併せ持つ。スカウト関係者の間では「右打ちの野手としては中田翔(日本ハム)以来の逸材。即戦力投手は毎年出てくるが、これだけの高校生バッターは出てこない」と最大級の評価を与えている。さまざまな球種、コースに対応できる能力も高く、内角球のさばき方は、すでにプロレベルに達していると評判だ。

 非の打ちどころのない打撃に比べ、守備に多少の課題はあるが、球団内に不安視する声はない。今夏の甲子園では主に一塁手として出場し、三塁や左翼も経験しており、関係者は「一塁の守備を見ても、ハンドリングがいい。サードで鍛えていけば、こなせる能力はある」と話している。近未来の「4番・サード」として、大きな期待をかけられる逸材だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 巨人は投手補強より今は将来の中軸打者を獲得するでしょう。この頃巨人は大物打者の獲得に力を入れてないし投手は毎年いい素材を獲得出来てると思うがスラッガーはなかなかいないからね。今回の岡本指名は拍手を送りたい。来年は左のスラッガーを獲得して欲しい。あと数年は打者の獲得でいいんじゃないかな。

  2. うーん投手も欲しいですがまあいいんじゃないですか。スラッガータイプの補強怠った上一時期出ていた生え抜き野手の輩出が滞ってますし巨人は守って逃げる小賢しいタイプではなくcsでやられた阪神の様に乱打戦を仕掛けとことん殴り勝つそう言う野球ですからね本来は。