阪神ドラフト2位、履正社の井上広大選手が契約金6000万円、年俸720万円で仮契約

井上広大

阪神がドラフト2位で指名した履正社の井上広大選手と、契約金6000万円、年俸720万円で仮契約で仮契約を交わした。

弟に「お金を使いたい」

井上選手は仮契約を交わすと、「もう一度甲子園に立つことができるので、しっかりとファンの皆様を喜ばせられるように頑張りたいなと思います」と話した。今年夏の甲子園では決勝の3ランホームランなど3本のホームランを放ちスタンドを沸かせた。今度は阪神ファンを相手にホームランで再び甲子園を沸かせる。

ドラフト2位という高い評価となった。しかしドラフト1位指名された選手には佐々木朗希投手、奥川恭伸投手、石川昂弥選手、西純矢投手、宮城大弥投手、森敬斗選手、堀田賢慎投手といった同じ高校生が並ぶ。井上選手はこの世代を代表する選手になることを誓い、「負けないのも大事だと思いますし、チームが勝つことも大事。早く自分が引っ張っていけるような立場になりたいと思います」と話した。

契約金の使い道について聞かれると、「弟も野球をやっているので、そっちにお金を使いたい。自分のおさがりばかりだと思うので」と話し、弟の野球のために使うと話した。国体では弟と一緒にいる姿も見られ、この日の仮契約の場にも母と一緒に弟も同席した。弟想いの兄はさらに稼ぐ選手になり、そして弟もいずれプロの道へと導きたい。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧

仮契約後の会見には、母・貴美さんと現在はソフトボールをしている弟も同席。契約金の使い道を問われると「弟が野球を始めるので、野球道具を買ってあげたい。これまでは、僕のお下がりばかりだったので」とこれから同じ道を歩む弟思いの一面も見せた。


PAGE TOP