阪神、東洋大・戸田大貴選手を上位候補としてマーク!

東洋大, 戸田大貴

阪神がポスト金本として東洋大の戸田大貴選手を上位候補にリストアップしているとデイリースポーツが報じている。

戸田選手は180cm82kgの左打ちで昨年の全日本大学野球選手権では準々決勝の道都大戦で満塁ホームランを放つなど長打力のある選手。阪神の関係者も「金本、桧山ら長距離砲の後継となれる強打者」と長距離砲として評価しているとの事。

とは言うものの阪神は昨年のドラフト1位で同じくスラッガー候補で左の伊藤隼太選手を1位で獲得している。もちろんポスト金本としてスラッガー候補を追い続けてようやく出てきた1位クラスの候補だったこともあるが、昨年指名したのは今年以降に投手の候補が揃っているからという事もあった。伊藤選手の状態やチームの状態で2年続けて同じタイプを指名することが無くは無いとは思うが、それよりは投手や捕手を上位で指名する可能性が高いように思う。

  • 大学生内野手のドラフト選手一覧!
  • 阪神、東洋大・戸田を「ポスト金本」候補に - デイリースポーツ:2012/02/11

    阪神が今秋ドラフト上位候補として東洋大の4番・戸田大貴内野手(3年)をリストアップしていることが10日、分かった。180センチ、82キロの恵まれた体格で、右投げ左打ちの一塁手。パンチ力のある打撃が魅力で、球団関係者は「金本、桧山ら長距離砲の後継となれる強打者」と評価している。

     昨春リーグ戦で首位打者賞とベストナインを獲得。一塁だけでなく、外野を守った経験もあるように、器用さも併せ持っている。昨年6月の全日本大学野球選手権大会では準々決勝・道都大戦で阪神ら各球団スカウトが見守る中、満塁本塁打を放った。阪神のルーキー・伊藤隼が在籍した慶大との決勝戦でも4打数1安打で2年連続優勝に貢献した。

     阪神は金本が今年で44歳、桧山も43歳を迎え、将来をにらんでの和製大砲の育成が急務。戸田が加われば、伊藤隼や中谷ら次世代の中軸候補との競争が激化し、チーム全体のレベルアップが期待される。

     戸田は3月10日に東京ドームで行われる東日本大震災復興支援ベースボールマッチで、社会人選抜と対戦する大学選抜メンバーに選出されており、阪神はスカウトが視察に訪れ、チェックする予定だ。


    PAGE TOP