浦和学院・小島和哉投手は早稲田大を志望

浦和学院, 小島和哉

 昨年のセンバツ大会で2年生ながら優勝投手となり、侍ジャパン18U代表ではリリーフとして3試合で好投を見せた、浦和学院の小島和哉投手が大学進学を表明した。早稲田大学を志望しているようだ。

大学進学し4年後にプロ入り目指す

 侍ジャパン18U代表でも活躍を見せた小島和哉投手は、関西国際空港に到着すると、この日解散となったチームメイトと別れを惜しんだ。そしてインタビューでは「大学へ進学して、4年後のプロ入りを目指せればと思っています。」とハッキリと答え、大学進学を表明した。

 今年春の関東大会で、初戦の山梨学院大付戦で9回にサヨナラホームランを浴びた事で「春、負けた事でいろいろ考えました」と話し、それまではプロ入りも視野に入れていたようだが、その敗戦で進学に傾いたようだ。

 日刊スポーツでは早稲田大学を志望していると紹介しており、東京六大学で揉まれながら成長する事になる。

 

小島投手の高校野球

 小島投手は2年生の時にセンバツで優勝投手となり、その夏も埼玉大会で完全試合を達成するなど輝いた。しかし、疲労もあってか出場した甲子園では制球を乱して初戦敗退するとその後は苦しみ、この夏は3回戦で敗れた。

 招集された侍ジャパン18U代表では、練習試合からキレのあるピッチングを見せると、準決勝の台湾戦では2回1/3を投げて2安打無失点、決勝の韓国戦でも2/3を投げて1安打1奪三振無失点と、リリーフエースの活躍を見せた。

 

早稲田大では

 小島投手は174cmと体は大きくなく球速も143km/hが最速で、キレの良いストレートや変化球があるものの、体力面でプロで通用するかどうかという所だった。

 大学ではプロでもすぐに投げられるような体を作り上げて、球速も140km/h後半を記録できれば、左腕という事もありドラフト上位候補にもなれる。もちろん、今の球のキレを失わない事も大切だ。

 早稲田大では2年生に竹内諒投手、1年生に大竹耕太郎投手という、球速は130km/h~140km/hだが甲子園での実績もある先輩左腕投手がおり、三倉進投手など下級生に左腕投手が多い。高梨雄平投手など技巧派左腕もおりが活躍しており、小島投手にとって、追いかけるべき存在が多く良い環境かもしれない。

 また有原航平投手が今年卒業すると、吉永健太朗投手が不調の中でエース不在となり、1年生ながら実践派の小島投手が指名される可能性もある。

 東京六大学でどのような活躍をし、成長曲線を描いていくのかが楽しみだ。

浦学・小島は早大希望 日刊スポーツ紙面 2014/9/9

 


PAGE TOP