2015年ドラフト候補で楽しみな選手 ~高校生九州編~

高木栄志, 山本卓弥, 山本武白志, 平湯蒼藍, 前田敬太, 角田一記, 角田泰基, 重田準之助, 重田, 慎太郎, 尾崎健哉, 森下暢仁, 新里武臣, 内間敦也, 浜川優馬

 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価のページにみなさまからお寄せいただいている選手で、来年楽しみなドラフト候補を探してみます。今日は九州の高校生。

注目選手

 九州国際大付の山本武白志選手は、清水優心選手や古澤勝吾選手といったプロに上位指名された選手と一緒にプレーして強い打球を放っていた。185cm80kgという体があり、親は元千葉ロッテ監督の山本功児氏と言う事もあり、注目されるのは間違いない。

 また海星の平湯蒼藍選手は、中学時代にリトルシニアの4番を打っていたスラッガーで今夏も4番として2本塁打を放ち、チームを甲子園に導いた。甲子園では無安打、国体などでも結果を残せず、大舞台で発揮できる力が必要か。熊本では1年時から活躍をみせていた熊本工の高木 栄志選手が最終学年を迎える。2年時はあまり名前を聞かなかったが、来年の活躍を期待したい。

 その中で最も注目されるスラッガーは神村学園の山本 卓弥選手か。185cm85kgの体があり今年のセンバツではホームランを放っている。また秋もバックスクリーンに特大弾を放つなど全国でも屈指のスラッガー候補として注目を集めそうだ。

 投手では中部商の前田 敬太投手、最速146km/hを投げる183cmの右腕で、まだ情報は少ないものの春のキャンプ中にも、多くのプロのスカウトなどが中部商のグラウンドに足を運ぶのではないかと思う。そして春季大会などのピッチング次第ではドラフト上位候補に挙がってくるかもしれない。

 

その他の選手

 佐賀には2組の双子の注目選手がいる。佐賀商の角田 一記選手は181cmの左腕で最速135km/h、角田 泰基選手は184cmの右腕で最速137km/hを投げ注目を集める。また佐賀西にも178cmの左腕投手・重田 準之助選手と捕手で兄で177cmの重田 慎太郎選手がバッテリーを務める。

 鹿児島実業の尾崎 健哉投手は139km/hながらキレのある球を投げる右腕、大分商の森下 暢仁投手もキレの良い139km/hの速球が魅力で、夏までに成長を見せるかもしれない。

 神村学園には投手でも新里 武臣投手がおりセンバツでは1/3回で自責点1と苦いマウンドとなったものの、今では146km/hを記録するまで成長している。174cmと小柄だが大学、社会人に進んでも期待できる。

 沖縄県では情報が少ないもののコザ高校の内間 敦也投手が149km/hを記録したというコメントがあり、石川高校の浜川 優馬投手なども140km/hを越す速球を投げる。どんな投手なのか、3年時にどんなピッチングを見せるのか注目したい。

 


PAGE TOP