近大泉州・渡辺巧選手に巨人スカウトが評価

近大泉州, 渡辺巧

 春季高校野球大阪大会では、近大泉州の渡辺巧選手が、投手、野手の二刀流として活躍を見せている。

二刀流

 渡辺巧選手は182cm84kgの投手で、投げては最速143km/hを記録し、打っては高校通算56本塁打を記録するなど投打に活躍を見せる。

 春季大阪大会では1回戦、2回戦で2試合連続のホームランを放ったが、2本とも打った瞬間にわかる特大ホームランだった。この日の4回戦・柴島戦では投げては7回を2失点、打っても先制タイムリーを記録し、チームの8回コールド勝利に貢献した。

 

プロスカウト注目

 大型選手で投打に活躍を見せ、さらに50m6.2秒台の足もある渡辺巧選手には、プロのスカウトも注目している。この日は巨人の山下スカウト部長の他、中日、広島、埼玉西武のスカウトが視察、山下スカウト部長は「スイングは力強い」と打撃を評価した。

 野手としての評価が高いようで、182cmの大型で俊足の選手として成長をして行く事になりそうだ。ドラフト会議の時にはどんな評価になっているか、春と夏の大会の活躍が楽しみ。

2015年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト

2015年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

近大泉州 渡辺に巨人注目 スポーツニッポン紙面 2015/5/4

 


PAGE TOP