専大松戸・上沢直之投手、6回途中からパーフェクト!

高校野球ドラフトニュース 2011年ドラフト

 千葉大会では専大松戸VS千葉明徳の引き分け再試合が行われた。前日に184球を投げたプロ注目の上沢直之投手は先発はしなかったものの、6回1アウトからリリーフ登板すると、相手にヒットを許さず3回2/3をパーフェクトに抑えた。

140kmのストレートとスライダー、フォーク、チェンジアップの変化球の制球が良く、安定した投球だった。試合後には相手にドラフト候補右腕、鈴木康平投手と握手し、これからの対戦を誓った。

 

  •  

 

 - :

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント