日大三・吉永健太朗投手、14奪三振で甲子園へ!

吉永健太朗, 日大三

西東京大会の決勝は日大三vs早稲田実業のカードとなった。日大三の先発はプロ注目の147km右腕、吉永健太朗投手だが、今大会はそれほど調子が良いという状態ではなかった。しかし、この日のピッチングは序盤は得意のシンカーの曲がりが鋭く、変化球を多投して三振を積み重ねると、後半のピンチの場面では145kmをマークしたストレートで空振り三振を奪うなど、本来の力強いピッチング戻ってきた。

結局、奪った三振は14。5安打1失点に抑えて2-1で勝利、東の本格派右腕が甲子園のマウンドに姿を現す。

  •  - 

  • PAGE TOP