センバツ5日目の注目選手、清宮選手が登場

高校野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース

センバツ5日目の注目選手をまとめます。

東海大福岡vs神戸国際大付

猪田和希選手は今大会注目のスラッガーの一人で昨年秋は近畿大会の上宮太子戦、大阪桐蔭戦で2試合連続ホームランを放っている。リードや肩も評価され、プロ4球団が注目する強打の捕手。

明徳義塾vs早稲田実

明徳義塾の西浦颯大選手はきれいなスイングから長打力も見せる好選手。スマートな感じがあり、爆発力も見せてほしい。

早稲田実は清宮幸太郎選手が登場、高校通算79本塁打を記録しており、試合が近づくにつれて調子を上げてきている。昨年秋は左腕投手に苦労する場面も見せたが、この冬にどんな成長をしているのか注目したい。

また2年生の野村大樹選手の長打力、勝負強さは早くも来年のドラフトの目玉と注目される。

不来方vs静岡

静岡の左腕・池谷蒼大投手は最速144キロだが、148キロを記録したという話もある。昨年秋の明治神宮大会では不調で早稲田実に攻略されれが、この冬の成長を確認したい。また、4番を打つ2年生の成瀬和人選手にも注目したい。

センバツ5日目の対戦カードと注目選手

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント