U15代表で満塁ホームランを放った宮本拓実選手が仙台育英に進学予定

仙台育英, 宮本拓実

侍ジャパンU15代表で活躍を見せた宮本拓実選手(秀光中)が、先輩・西巻賢二選手に続く。来年春に仙台育英に入学する予定。

二刀流

宮本拓実選手は180cm75kgの選手で、投げては軟式で139キロを記録する。また変化球も、縦横のスライダーにカーブ、ツーシーム、チェンジアップ、スプリットを投げ分ける。野球の名門・秀光中でプレーし、須江監督は「高校に入ってもすぐ通用するレベル」と評価している。

その宮本選手は今月行われたBFA U15アジア選手権代表に選ばれると、打撃が買われて主に代打で出場し、香港戦では代打出場でいきなり満塁ホームランを放つと、台湾戦でも代打でタイムリー2ベースヒットを打った。合計7打数3安打7打点だった。

名門ライン

宮本選手は小学校6年生の時に東北楽天ジュニアに選出され、名門・秀光中に進み、2年、3年の時に全中でベスト4進出をしている。そして来年春には仙台育英に入学予定だという。

東北楽天ジュニア選出から、秀光中ー仙台育英のラインでは、今年のドラフト会議で東北楽天に6位で指名された西巻賢二選手が同じ進路をたどりプロ野球選手となった。宮本選手は西巻選手とは3年違いで入れ違いとなるが、「オーラがすごい」と話した。そして仙台育英では「厳しい野球に耐えてまずは甲子園に出ないと。東北初の優勝旗を持って帰って、自分も将来はプロに入りたい」と話し、西巻選手に続くことを誓った。

投打に期待されるが、先発したパキスタン戦では 2/3回で2安打1失点で降板をしている。身長もあり、これから投手として磨かれていく。

仙台育英高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

偉大な先輩の系譜を継ぐ男だ。高校は系列の仙台育英に進学予定で、楽天に6位で指名された西巻と経歴が重なる。西巻とは3学年差で入れ違いとなるが「オーラがすごい」と尊敬のまなざしを送る。あと4カ月後に始まる高校生活では、輝かしい未来が待っている。「厳しい野球に耐えて、まずは甲子園に出ないと。東北初の優勝旗を持って帰って、自分も将来はプロに入りたい」。


PAGE TOP