彦根東・増居翔太投手に日本ハム、広島のスカウトが評価、京都大志望

高校野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 2018年ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース

彦根東の増居翔太投手が、自己最速の140キロを記録し、9回5安打9奪三振、3失点で完投勝利を挙げた。広島のスカウトが大会NO.1投手と評価した。

一番投手らしい投手

171cmと小柄な左腕投手だが、腕をしならせて投げる球の速度は140キロを記録した。5回には2アウト3塁のピンチを背負ったものの、「ギアをマックスにできた」とギアチェンジし、三振を奪った。9回を149球、5安打9奪三振で3失点に抑えた。

このピッチングに視察していた北海道日本ハムの大渕スカウト部長は「腕が長く見える。」と評価すると、広島の苑田スカウト統括部長も「一番投手らしい投手と話し、現時点で今大会NO.1投手と評価した。

その増居投手は進路は京都大学を志望しており、今年、プロ志望届を出すというのは無さそうだが、京都大に入学した際には、京都大がグッと強くなりそうだ。

2018年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

149球を投げ抜き、3失点完投。京大志望の秀才左腕は自己最速を更新する140キロをマークし、生井との左腕対決を制し「向こうもいい投手だったし、負けられないと思って投げていた」と振り返った。恋女房の高内が8回に放った逆転3ランには驚いたようで「練習でも全然打てないから、正直期待していなかった」と笑わせた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント