高校野球春季大会、すごそうな投手をピックアップ

栗原大樹, 福浦太陽, 藤本竜輝, 渡辺拓海, 石田裕太郎, 吉田力聖, 佐藤真一, 照峰賢也, 藤田凌, 荒木隆之介, 冨水大和

高校野球の春季大会がすでに始まっているが、GWには大会が佳境となる。そこで、ドラフト候補選手の動画とみんなの評価にお寄せいただいている選手の中から、見てみたいと思わせる選手を挙げてみます。

投手

網走桂陽の冨水大和投手は1年生でコントロールの良さそうな投球を見せていたが、昨年秋までに145キロを記録したというコメントもいただいている。175cm67kgの体がどのくらい成長をし、球速がどの程度になっているのか気になる。

酒田南の渡辺拓海投手は191cmで体重も100kgを超す超大型右腕で、140キロ中盤の速球を投げる。2年夏に広島のスカウトが高評価をしており、3年でのブレークが期待される。

霞ヶ浦からはここ数年、プロ野球選手の誕生が相次いでおり、今年のエース・福浦太陽投手も昨年までに142キロを記録し、すでに145キロも記録しているというコメントもある。群馬では伊勢崎清明の荒木隆之介投手が181cmから145キロを記録しており、打撃も評価が高い。

岐阜・各務野の藤田凌投手は187cmの長身右腕で球速は147キロを記録しているとコメントをいただいている。これだけのスケールと球威があれば、注目されるのは間違いなさそうだ。滋賀・光泉の144キロ右腕・吉田力聖投手も力のある178cmの右腕で滋賀大会を勝ち上がっている。

社の藤本竜輝投手も昨年の時点で名前が挙がっている選手で、180cmから147キロの速球を投げる。同じように高校四天王に次ぐ存在として名前が挙げられていた有明の浅田将汰投手が春に好投をしており、藤本投手も評価で追いつけるような投球を見せたい。兵庫では姫路南の照峰賢也投手が181cmの左腕で143キロの速球を投げる投手として期待されており、関西高の栗原大樹投手も182cmから145キロの速球を投げる。

広島・武田高校の谷岡楓太投手は身長こそ173cmだがすでに151キロを記録しており、甲子園で150キロを記録した広陵・河野佳投手や広島新庄の桑田孝志郎投手と3本の矢となっている。

また、すでに敗れてしまっているが、嬬恋高校の佐藤真一投手が7回1安打13奪三振の好投を見せている。主にセンターとして出場するが投手としても144キロの速球を投げる。静清の145キロ右腕・石田裕太郎投手も藤枝明誠戦で延長12回まで無失点もタイブレークで2点を失い敗退しているが、プロ3球団のスカウトが視察に来ていた。

明日は野手をピックアップしてみます。

2019年度-高校生投手のドラフト候補リスト


PAGE TOP