神戸国際大付、プロ注目の柴野琉生選手が2本塁打、松本凌人投手が6回無失点

神戸国際大付, 松本凌人, 柴野琉生

春季高校野球近畿大会では、神戸国際大付の柴野琉生選手が1試合2本塁打を放ち、高校通算48本とした。また142キロ右腕の松本凌人投手が6回3安打8奪三振無失点の投球を見せた。

プロ注目

神戸国際大付の柴野琉生選手は、180cm83kgの右のスラッガーで、吉田正尚選手のフルスイングを手本に強打を見せる。

この日は初回にノーアウト1塁の場面でレフトスタンドに2ランホームランを放つと、3回にもレフトスタンドにホームランを放ち、2打席連続ホームランを記録した。これで高校通算を48本とした。この日は3安打3打点2本塁打の活躍に、「甘い球を逃さずに打てた。自分の打撃がしっかりできた」と話した。

また投げては、右スリークォーターから142キロのキレのある球を投げ、プロが注目している松本凌人投手が先発し、郡山打線を相手に6回3安打8奪三振で無失点に抑える投球を見せた。

神戸国際大付は7回コールド8-0で勝利し、決勝にコマを進めた。決勝は近江と対戦する。

2019年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-兵庫県のドラフト候補リスト


PAGE TOP