夏の高校野球・京都大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

山下航汰, 山本仁, 奥村真大, 上野響平, 水谷祥平, 野沢秀伍, 橋本翔生, 東原成悟, 原陽太, 遠藤慎也, 酒井海央, 湊佳大, 清水颯, 藤川紘斗, 松本圭輔, 服部龍也, 古牧岳登, 中村志遠, 林翔太, 生駒拓也, 岩井俊介

夏の高校野球・京都大会が7月6日に開幕する。147キロ右腕にプロ注目遊撃手など、例年同様に度注目選手がいる地区のドラフト的注目度はB。

注目選手

京都国際の酒井海央投手は、独特のグラブを高く上げるフォームから最速147キロの速球を投げる。春は肩の違和感があり、本調子ではなく機会も少なかった。しかし、登板の度にプロのスカウトが足を運び、熱の高さをうかがわせる。182cmの大型速球派が、将来どんな投手になるのか、想像力を巡らせながら注目を続ける。

また投手では京都翔英の遠藤慎也投手も評価が高い。こちらは176cmと上背はやや無いが、145キロの速球は質も含めて酒井投手より上という声も聞かれる。

野手ではこちらも京都国際の上野響平選手がプロから注目されている。174cm65kgと線は細いものの、ショートでの動きは一つ一つがしっかりとしていて、ブレたり滑ったりもしない強い体幹をうかがわせる。本人も「守備が取り柄だと思います」と話し守備を磨き続け、「プロのいくために練習をしている」と堂々と話す。この春は長打力も高めており、アピールは続いていく。

もう一人、京都外大西の2年生・山下航汰選手は来年の注目候補となる。180cmの体があり、球を十分見て引き付けてから強烈にスイングし、ホームランは既に20本を超える。山下航汰といえば、昨年のドラフトで育成1位で巨人に指名され、ファームですでに活躍をみせている健大高崎出身の山下航汰選手と同姓同名だが、こちらはドラフト時の評価は上回ってくるかもしれない。

その他の選手

龍谷大平安は、左腕の野沢秀伍投手の安定感は変わらない。球速は130キロ前半だが、伸びのある球でインコースをしっかりと突いてくる。変化球を投げるタイミングも良く、三振も奪える。50m6.1秒で身体能力の高い4番・水谷祥平選手や2年生の奥村真大選手など、素質の高い選手がそろう。

京都翔英は遠藤投手以外にも、制球力の高い今井大志投手、140キロの速球を投げる岩井俊介投手などがおり投手陣が豊富。鈴木景樹選手はパンチ力と強肩俊足の選手で、山本仁選手は兄がDeNAでプレーをしており、その兄以上の素質と言われ、長打力も見せる。京都国際もエース・坂井投手以外に、技巧派左腕の生駒拓也投手が安定した投球を見せる。

乙訓は主軸の中村志遠選手がしっかりとしており、2年生の林翔太投手は既に143キロを記録している力のある球を投げる。

京都すばるの藤川紘斗投手は伸びのある球で見逃し三振も多く、将来が期待される投手。東山高校の松本圭輔投手は最速143キロを記録する速球派、南丹の服部龍也投手は投打に優れた二刀流で143キロを記録。福知山高校には昨年秋に福知山成美を延長10回まで無失点に抑えた古牧岳登投手が注目。

塔南は清水颯選手が強打の捕手として注目され、技巧派左腕の北崎響生投手がリードに対して抜群の制球力で応える。福知山成美は小橋翔大投手は制球重視の右腕、橋本翔生投手は強い球を投げて三振を奪える左腕投手、注目される遊撃手の東原成悟選手と長打力のある原陽太選手など個々の能力も高い。東山高校は湊佳大選手がスイングスピードが速く長打力が魅力。

優勝予想

昨夏は龍谷大平安が悲願の100回大会出場をした。秋は福知山成美が優勝、京都国際が準優勝。今春は京都国際が優勝し、乙訓が準優勝。常に上位に顔を出す龍谷大平安の他、京都外大西、立命館宇治、京都翔英なども優勝候補に絡んできそうだ。

2019年度以降-高校生-京都府のドラフト候補リスト


PAGE TOP