大分商の147キロ右腕・川瀬堅斗投手が再始動、巨人、ロッテ、日本ハムが熱心

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

今年のセンバツで注目投手となっていた大分商・川瀬堅斗投手が、150キロ到達に向けて再始動した。

夏に取っておく

川瀬堅斗投手は183cmの本格派右腕で、球速はこれまで最速147キロを記録している。センバツにも出場が決まっており、「甲子園で150キロ到達」を目標としていたが、センバツが中止となっていた。

チームも新型コロナウイルスの影響で休止していたが、4月9日に全体練習を再開し、4月14日に、川瀬堅斗投手がシート打撃に登板をした。この日は打者20人に対して全てストレート勝負し、3割程度の力だったものの空振りを奪った。また、全体練習後にはブルペンに入り、5割の力でチェンジアップ、カットボール、カーブ、スライダーを投げ「久しぶりにガッツリ投げた」と満足した笑顔を見せた。

センバツ中止が決まった3月11日、川瀬投手は「頭が真っ白になった。悔しくて、すぐに切り替えられなかった」と話したものの、「センバツで150キロ出すことを夢に描いていたので、できずに悔いが残る。夏に取っておく意味で切り替えた」と、夏に150キロ到達を目指すことで徐々に切り替えていった。

川瀬投手は福岡ソフトバンクの川瀬晃選手(2015年ドラフト6位)の弟、また、昨年のドラフト会議で広島に1位指名された森下投手の後輩でもある。渡辺監督は「タイプは違うが伸びしろは森下と一緒。だが森下にないエンジンの大きさ、ダイナミックさがある」と話し、森下以上と評価される。プロも既に12球団が視察に訪れているが、巨人、千葉ロッテ、北海道日本ハムが熱心だという。

ドラフト1位指名選手になれる存在だと思う。春は持ち越しとなったが、夏の甲子園で150キロを記録し、ドラフト1位でプロ入りを目指したい。

2020年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2020年度-高校生-大分県のドラフト候補リスト

渡辺正雄監督(47)はそんな川瀬のポテンシャルについて「タイプは違うが伸びしろは森下と一緒。だが森下にないエンジンの大きさ、ダイナミックさがある」と評す。熱心とされる巨人、ロッテ、日本ハムなど全12球団から注目を浴びる怪腕が、夢舞台へ力強く歩みを再開した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント