近江・土田龍空選手は木製バットで3打数ノーヒット、巨人・阪神など8球団スカウトはまず守備を評価

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

近江のドラフト上位候補遊撃手・土田龍空選手は、この日は木製バットで出場したが、打席の方は3打数ノーヒットに終わった。ただしショートではさすがの守備を見せ、スカウトも評価をしている。

8球団視察

ドラフト上位候補として注目される近江の土田龍空選手、この日は3番ショートで出場をし、木製バットで打席に立った。

第1打席は四球だったが、その後、第2打席はピッチャーゴロ、第3打席は空振り三振、そして最後はセンターフライに終わり、「自分の打撃ができなかった。間がうまく取れず、打席で余裕を持てなかった」と反省を口にした。

しかし守備では軽いフットワークからのきれいな送球も見せており、別格の守備を見せる。この日は8球団のスカウトが視察し、阪神の筒井スカウトは「グラブさばきがいい」と話し、また巨人の渡辺スカウトも「ハンドリングが上手でセンスを感じる」とまずは守備を評価した。

この日は木製バットでノーヒットだったが、この大会前の練習試合で、木製バットで3本塁打を打っており、高校通算30本塁打としている。「対応力をアピールし、結果を出さなければならない。独自大会はアベレージヒッターとしていきたい」と話し、次の試合ではヒットを狙って打撃でもアピールをしていく。

2020年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
滋賀県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度A
滋賀県高校野球大会はの注目選手を紹介します。

スタンドには、阪神、巨人など8球団のスカウトが姿を見せていた。阪神筒井スカウトが「グラブさばきがいい」と話すように、この日も安定していた守備での評価はどの球団も高い。

この独自大会までに練習試合で木製バットを使って3本塁打を放ち、高校通算を大台の30本に乗せた。「独自大会ではアベレージヒッターとしていきたい」と次戦の8月1日対草津東(皇子山)以降で安打を重ね、プロ入りへアピールを続ける。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント