光泉・森本修都選手がプロ志望届を提出へ、光泉は監督交代

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

光泉カトリックはこの日、昨年優勝の近江高を相手に0-1で敗れた。150キロ右腕の森本修都投手は登板が無く、4番として4打数ノーヒットだった。

目標はプロです

森本修都投手は150キロを記録する右腕として注目されたが、この日は登板はしなかった。試合には4番センターで出場をしたが4打数ノーヒットに終わった。

森本選手は試合後に、「目標はプロです」と話し、プロ志望届を提出することを明らかにした。

力がまだ計り知れてない森本選手、今後プロ志望届を提出し、8月末から9月上旬に行われるプロ志望届選手の合同練習会でその打撃と投球を見せる事になるもかもしれない。

監督が交代

また光泉カトリックは、古沢監督が退任し、元阪神の伊藤文隆氏が監督に就任する事が分かった。

伊藤氏は1977年のドラフト1位で阪神に指名され、1982年には10勝を挙げ、1985年の日本一時にも5勝を挙げて貢献している。その後、クラブチームのトータル阪神の監督に就任し、全日本クラブ選手権で初出場初優勝をしている。

古沢監督は、昨年もプロが注目した吉田力聖投手を育てるなど、力のある投手を育てており、昨夏は滋賀大会決勝に進出した。今後、も注目をしてゆきたい。

光泉カトリック高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

今秋ドラフト候補の4番森本修都(しゅうと)外野手(3年)は投手、右のスラッガーとして注目されたが、4打数無安打に終わった。森本は「目標はプロです」とプロ志望届を出す意向を明かした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント