横浜高校が準々決勝で敗退、松本隆之介投手・木下幹也投手・度会隆輝選手がプロ志望表明

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

神奈川県の高校野球大会は、横浜高校がプロ注目の松本隆之介投手、木下幹也投手が登板したものの、三浦学苑に5点差をひっくり返され敗れた。試合後に涙を流しながらも松本投手、木下投手、そして度会隆輝選手がプロ志望を表明した。

木下投手登板も5失点

横浜高校は序盤から打線に活気があり、1番・庄子選手、2番・鬼頭選手の長打などで3回までに5点を奪い、試合を優勢に進めた。また先発をした152キロ左腕の松本隆之介投手も、球速こそ140キロ前後だが、1球1球に声を挙げる力投で、右バッターの低めにボールを集め、4回まで3安打5奪三振、無失点の投球を続けていた。

しかし5回、先頭打者からやや制球が定まらず、センター前にヒットを許すと、その後も四球を与え、センターへの良い当たりの犠牲フライで1失点をした。2アウトからのサードライナーも良い当たりを食らっていた。

そして6回から、右のエース・木下幹也投手が登板する。松本投手は6回も投げるつもりだったが、木下なら安心できるとマウンドを譲った。

しかし、木下投手がストレートを狙われると、野選や不運な当たりも絡んで1回に6安打を許して5失点し同点に追いつかれた。そこからやや浮足立ち、6回にはランナーを出すと、二盗が悪送球となり、さらに一塁に転送された球を一塁手が中途半端に投手に投げようとして、投手と捕手の間を抜けて三塁ベンチまで転がって抜けていく。これにより三塁に進んでいたランナーがホームに生還し、これが決勝点となった。

試合後、木下投手は涙を腕で抑えながら、松本投手に支えられてインタビューの場所に表れた。松本投手も気丈に振る舞っていたが、テレビのインタビューで涙を流していた。松本投手は「自分が1点を失わなければ、こんなことにはならなかった」と話し、木下投手についても「木下だから安心して任せられた」と話した。

プロ志望

松本投手は、「今後も野球で生きていくと思うので、いい経験になった」と話し、プロ志望を明らかにした。また木下投手もプロ志望を表明、松本投手は「練習でも試合でも、木下よりいい投球をしようと1年からやってきた」と話し、「木下より」という言葉を繰り替えした。

プロ志望高校生の合同練習会の参加は未定としたが、プロでもいいライバルとなれるだろう。

インタビューには参加しなかったが、度会隆輝選手もプロ志望を表明した。1年時から天才的な打撃を見せていたが、この日は2打席目の強い当たりのセンターフライ、そして3打席目は軽くライト線への2ベースを打った。スイングの力が昨年よりも増している印象で、今後、どのような選手になっていくのか注目したい。

2020年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

6回には、二盗を刺すべき捕手からの送球がそれるミスが発生。さらに一塁に転送された球を一塁手が捕手に悪送球。痛いダブルエラーで勝ち越しを許した。村田浩明監督(33)は「選手には新監督を迎える複雑さと難しさがあったと思う。勝利に導いてやれなかった監督の責任」と話した。今秋ドラフト候補の松本、木下、度会隆輝内野手(3年)は試合後、プロ志望を表明した。

村田浩明監督(34)は「焦ってミスが出てしまい、相手の空気にのみ込まれた」と語り、「秋からいろいろ乗り越え、コロナという見えない敵とも戦い、よくここまで来た。伝統、歴史のある学校の立て直しは時間がかかると思っている。3年生の思いは一生忘れない」とナインをねぎらった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント