北照2年生・188cm「北のダルビッシュ」村上海斗選手に注目!

高校野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

北照高校に期待の星登場! 188cmの大型投手・村上海斗選手は投げては138km/hを記録し、昨秋は北海道の地区大会で先発しノーヒットノーランリレーをするなど1年生の時から期待の大型選手。打撃でも高校通算3本塁打で、センバツ前の練習では痛烈な打球を放っているとのこと。

高校に入学してから4cm身長が伸びるなど、「北のダルビッシュ」となりそうな選手、センバツで注目したい!

 

 

北照、“秘密兵器”は村上!シート打撃で快音…センバツ - スポーツ報知:2012/03/23

第84回センバツ高校野球大会(甲子園)が21日、幕を開けた。“秘密兵器”が甲子園でベールを脱ぐ。2年ぶり4度目のセンバツ甲子園となる北照は21日、開会式のあと、24日の光星学院(青森)戦へ向け、兵庫県伊丹市内で約2時間、練習した。この日のシート打撃で快音を響かせたのが、村上海斗(2年)だ。目を見張ったのは3打席目。リーチの長さを生かして外角球を捉えると、打球は火の出る勢いで中前へ。身長188センチの2年生は「(甲子園の)本番でも狙い球を絞って打ちたい」と笑った。

 村上は京都出身。加登脇卓真(元巨人)や10年春夏連続甲子園出場の西田明央(現ヤクルト捕手)ら同郷のOBがプロへ羽ばたいた北照への野球留学を決断した。背の高さは191センチの父・誠さん(48)、168センチの母・広美さん(43)譲り。高校入学後も約4センチ伸びるなど、いまだに成長中だ。高校通算3本塁打、投げてもMAX138キロと投打に無限の可能性を秘める。

 今大会も当初はベンチ外だったが、長打力を買った河上敬也監督(53)が登録選手を変更。背番号16をゲットした。「甲子園のチャンスで長打を打ちたい」と村上。プロ志望の16歳が、チームの起爆剤になる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント

  1. コメントありがとうごさいます。
    大学でしっかり鍛えてプロ目指します!!

  2. 村上君、投手としてがんばって。

  3. かいとくん ふあいと

  4. わたしたち、日本ハム一同は、あなたをドラフト一位で指名します。

  5. プロ行ってくださいよ

  6. 海斗君がんばれ