釜田佳直, 金沢高

No Image
金沢高校の152km右腕、釜田佳直投手と星稜の147km右腕・西川健太郎投手の対決、釜田投手は9回を5安打6奪三振で2失点完投勝利、決勝に進んだ。 初回にいきなりツーランホームランを浴びるも、その後はカットボールとスライダーを駆使し、後半で ...

西川健太郎, 星稜高

No Image
金沢高校の152km右腕、釜田佳直投手と星稜の147km右腕・西川健太郎投手の対決が石川大会準決勝で見られた。西川投手は6月の練習試合で左手甲を骨折、その影響もあり本調子には程遠い状態で先発を大野投手に譲るも、金沢打線を抑えきれず3回に4点 ...

野村亮介, 静清高

No Image
静清の187cm右腕、野村亮介投手が準々決勝の常葉菊川戦で先発、低めのストレートと変化球で12安打を許しながら10三振の投球を見せたが、9回にサヨナラで敗れた。 この試合には4球団のスカウトが集まっていた。試合終了後、進路について「家族、学 ...

歳内宏明, 聖光学院

No Image
聖光学院は福島大会準決勝のいわき光洋戦でエース・歳内宏明投手が先発すると、初回に1,3塁のピンチを迎えたがこれを抑え、その後は危なげない投球で2安打15奪三振で完封勝利した。聖光学院は県内では公式戦60連勝、5年連続となる甲子園に王手をかけ ...

押谷鷹英, 高橋大樹, 龍谷大平安, 永江恭平, 長崎海星, 横川駿, 神港学園, 近江兄弟社

No Image
長崎大会の決勝では海星高校の永江恭平投手が清峰打線に12安打を浴び7失点で9回に降板するも9回に149kmをマーク、9奪三振を奪う粘りの投球で甲子園出場を決めた!永江投手は173cmと小柄ながら2年生で早くも145kmをマークし注目されてい ...

原樹理, 東洋大姫路

No Image
関西NO1投手と評価されている東洋大姫路の原樹理投手、これまで3試合に登板するもいずれも先発ではなく、ピンチの場面でリリーフとして登板していたが、兵庫大会5回戦の星稜戦で初めて先発登板した。 この日は、結果だけ言うと9回を完投して8安打2失 ...

松本竜也, 英明高

No Image
英明高校が香川大会の準々決勝で高松商と対戦、注目の192cm左腕・松本竜也投手はこの日も四死球1の安定したピッチングで、6安打13奪三振で1失点完投勝利を挙げた。初戦の三本松で6回で10奪三振、2回戦の石田戦では8回で11奪三振、3回戦の高 ...

光星学院, 田村龍弘

No Image
光星学院の注目の2年生スラッガー、田村龍弘選手が準決勝の木造戦で今大会初となる2ランホームランを放った。高校通算19本で公式戦では8本目となる。

横山雄哉, 山形中央

No Image
山形中央高校が山形大会準々決勝で新庄北と対戦し、エース・横山雄哉投手が14奪三振を記録する快投を見せた! 5四死球を与えたものの8回には自己最速タイの139kmをマークして3者連続三振、打たれたヒットは5本、2-1と接戦を制した。

細川孝典, 須崎工

No Image
高知の注目投手、細川孝典投手が準々決勝の須崎工戦において、5安打11奪三振で完封勝利を挙げた。 細川投手は3年生になり頭角を現した投手で、143kmをマークする178cmの快速投手。公式戦での実績が少ないが、この投球で注目度が上がりそうだ。

PAGE TOP