広島ドラフト1位・小園海斗選手がホームラン

小園海斗

広島のドラフト1位ルーキー・小園海斗選手が、埼玉西武とのオープン戦で第1号ホームランを放った。高卒ルーキーでは2013年の大谷翔平選手以来となる。

笑顔で一周

小園海斗選手はこの日、4回から守備で出場するとまず5回にファーストへの内野安打を記録する。そして8回、初球を一塁のファウルゾーンに打ち上げたが、西武・呉選手が落球、その後、カウント0-2と追い込まれての3球目、137キロのインコースの球を振りぬくと、打球はライトスタンドへ飛び込んだ。

「打った瞬間は入るか分からなかった。うまく回転できたのがよかったと思います。」と話す小園選手、これでオープン戦は3試合で7打数4安打1本塁打となっている。前日も左腕の斉藤投手からヒットを打っていたが、この日も左腕の武隈投手から打った。またこの日は追い込まれてからのホームランで、本当にただ者ではない。

広島の菊池・田中選手の強力な二遊間がいるため、首脳陣は小園選手を1軍に帯同させているものの、もっと大きく育てるためにシーズンが始まれば、試合の経験をさせるためにファームに生かせるのが考えていた路線だったとみられる。しかし、高ヘッドコーチは「1軍に残れるぐらいの結果を残してくれている。まだまだ見てみたい」と話し、このまま1軍でもいいのでは、という雰囲気が出始めている。

今、小園選手を2軍に行かせたら、逆に何が理由で降格したのかが分からなくなってしまうかもしれない。またファンも納得しないくらいの成績を残している。小園選手は、「1軍への気持ちは強いです。いい調子できている。満足することなく前進していきたいです」と話し、1軍への強い気持ちを見せた。

広島東洋カープ、過去のドラフト指名一覧

逆転勝ちの口火を切る一塁内野安打と合わせ初の複数安打もマーク。オープン戦3試合で7打数4安打、打率・571と驚異的な数字を残すだけに、前日まで首脳陣も否定的だった「開幕1軍」の可能性もゼロではなくなってきた。高ヘッドコーチは「1軍に残れるぐらいの結果を残してくれている。まだまだ見てみたい」と明言した。


PAGE TOP