北海道日本ハムのドラフト1位ルーキー・有原航平投手も右肘順調

北海道日本ハムルーキーニュース

 北海道日本ハムの有原航平投手も右肘の痛みは無くなっているようで、順調に回復をしている。

笑顔も

 有原航平投手は昨年夏に痛めた右肘の影響があり、本格的なスローは秋のリーグ戦以降行っていない。しかし診断の結果、順調に回復している事から年末にキャッチボールなどで投球を再開すると、新人合同自主トレでは約40mのキャッチボールを行うなど距離を徐々に伸ばしている。

 有原投手は「痛くないですし、順調に来ています」と話し、また自主トレにも慣れてきたようで、笑顔も見せている。

 有原航平投手では力では2015年の即戦力ルーキーの中で頭一つ抜けているとみられる。肘の状態が良くなれば、プロでも快投を見せるだろう。

 「痛くないですし、順調に来ています」と手応え十分。同自主トレは第2クールが終了。「だいぶ慣れてきました」と、リズムをつかみつつあり、表情も柔らかかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント