東北福祉大・菊名裕貴選手がバイタルネットでプロ入り目指す

東北福祉大, 菊名裕貴, バイタルネット

昨年のドラフト会議で、プロ志望届を提出したものの指名漏れとなった東北福祉大の菊名裕貴選手は、バイタルネットに進み2年後のプロ入りを目指す。

2年間で逆転を

菊名裕貴選手は仙台育英時代から左の巧打者として活躍すると、東北福祉大では主軸も打つなど安定した打撃を見せ、また3年秋には最多盗塁を記録した。打撃もある内野手として注目され、昨年はプロ志望届を提出したが、ドラフト会議での指名はなかった。

仙台育英時代のチームメイトだった馬場皐輔投手(仙台大、阪神ドラフト1位)、熊谷敬宥選手(立教大、阪神ドラフト3位)が指名され、また東北福祉大のチームメイトだった楠本泰史選手(横浜DeNAドラフト8位)、笠井駿(巨人育成ドラフト3位)が指名された。菊名選手は「2年間で、どう逆転してやろうかと思っている」と、プロ入りしたライバルたちに対抗心を燃やし、「何が足りなかったのかを考え、2年後のドラフトを自信を持って待てるようにしたい」と話した。

今年からプレーするバイタルネットでは二遊間の選手が4人入社予定という事で、まずはポジション争いとなる。そしてその先のプロ入りを目標とする。「遠回りしてよかったと思える、プロへ入るだけでなくレギュラーを取るための2年間にする」と目標を話した。

170cmと小柄だがとにかく安定した打撃と足がある。社会人では守備を磨いて社会人NO.1と呼ばれる内野手となって欲しい。

東北福祉大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

バイタルネットのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 「(社会人の)2年間で、どう逆転してやろうかと思っている」


PAGE TOP