ヤマハが東北大会制す、清水蓮投手が準決勝で150キロ記録し2安打完封

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

社会人野球のJABA東北大会は、ヤマハが優勝し日本選手権出場を決めた。準決勝のきらやか銀行戦でドラフト候補右腕の清水蓮投手が9回2安打8奪三振で1-0で勝利をした。

スポンサーリンク

150キロ到達

清水蓮投手は体は大きくないものの140キロ後半の速球を投げ、共栄大時代には下級生時代からエースとして活躍し、最多勝3回、最優秀投手3回、MVP2回に輝くなど、リーグを代表する投手だった。最速は149キロだった。

ヤマハに進み今年2年目となる。この日の準決勝、きらやか銀行戦で先発した清水投手は、初回に味方のエラーで先頭打者を出し、四球や安打でピンチを迎えたものの無失点に抑え、3回も先頭打者に2ベースヒットを許したものの得点を与えなかった。

尻上がりに調子を挙げ、4回以降はヒットを許さずに、6回から9回までの4イニングでは8つの三振を奪った。球速は150キロを記録し、9回2安打8奪三振で完封した。「三振も投げてるイニングぐらい取れて、完封もできて念願の150キロ出せて出来すぎた大会でした。」と話している。

決勝ではNTT東日本から12点を奪い、12-4でコールドで勝利し優勝、日本選手権出場を決めた。

今大会、清水投手はJR東日本東北線で先発し、6回7安打3失点も7つの三振を奪った。合計2試合を投げて15回で15奪三振、防御率は1.80だった。大学卒2年目の投手で、最速も150キロを突破し、日本選手権での投球が注目される。

2021年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント