明治大・上原健太投手が3回4安打5奪三振、6球団のスカウトが視察

大学野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 明治大の上原健太投手が、東農大北海道との練習試合で先発すると、3回で4安打を許すも5奪三振で無失点に抑えた。この試合には6球団のスカウトが視察に訪れた。

前回より良かった

 上原健太投手は3月3日に、沖縄電力戦で登板するも7回3失点という内容だった。この日は、3回で4安打を許すも5つの三振で無失点に抑え、「球のキレ、強さ、全体的に前回より良かった」と話した。

 今年のオフに習得を目指したカーブも試し、ストレート、カーブ、フォークの3球で三振を奪うなど結果を残した。「カーブが決まれば気持ちも、体も休憩できる」と話している。

 

6球団のスカウト視察

 この日は福岡ソフトバンク、千葉ロッテなど6球団のスカウトが視察に訪れたという。また、うるま市出身の上原投手に、家族なども球場に駆け付けた。

 上原健太投手は190cmの左腕投手で、昨年は最優秀防御率のタイトルも手にしているが、まだまだ未完成の投手だと思う。特にこれまではリリーフなどで登板することも多く短いイニングを抑えてのタイトルで、先発は先輩の山崎福也投手と後輩の柳裕也投手が任されていた。

 今年は先発の柱としての活躍が期待されているが、先発の適正などもチェックをしていく必要がある。投げる球はエグイものだが、きっちり先発として投げられるかどうかによっては、駒大・今永昇太投手の方が評価が高くなる可能性もある。

明治大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

東農大北海道オホーツクのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

 巨人が今秋ドラフトの1位候補に挙げている明大の上原健太投手(新4年)が7日、沖縄遠征2度目のオープン戦(那覇)で先発。東農大北海道を相手に3回4安打無失点、5三振を奪った。習得中のカーブも決まり、ソフトバンク、ロッテなど、国内6球団の前で好投した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント