流通経済大・生田目翼投手が2安打完封、進路発言は撤回

生田目翼, 流通経済大

 大学野球選手権準決勝の流通経済大vs神奈川大の試合では、流経大の生田目翼投手が、最速152km/hの速球に四死球もわずか1つという安定したピッチングで、神奈川大をわずか2安打に抑えて完封した。

テンポ意識し打たせて取る

 素晴らしいピッチングだった。生田目翼投手は、初戦の城西国際大戦では、10三振を奪ったものの4失点、8つの四死球を与え、9回には3つの四球を連発して完投もできなかった。勝利をしたものの、粗いピッチングが目立った。

 しかしこの日は、初回からテンポを意識して投球するとストライクゾーンで勝負ができた。球速を落としてコントロールを意識したピッチングではなく、球速は速球は常時145km/h前後を記録、最速も9回の最後のバッターに2球連続で152km/hを記録した。

 与えた四球はわずか1つ、奪った三振も6つだが、球威、変化球のキレで神奈川大に2安打しか許さず、圧巻の投球だった。このピッチングならば、プロでも即戦力でできる可能性もある。

 

進路発言は抑え気味

 初戦の試合終了後には、地元でのほほんと暮らしたい。公務員がいい。という発言を行い話題となった生田目選手だったが、この日は進路について「まだ考えていない」と話し、「親に自分で勝手に決めるなといわれました。あまり問題発言するなと」と、周囲から発言を窘められた様子だった。

 この日、奪った三振6つのうち、2つは振り逃げになった。生田目投手の変化球もキレが素晴らしく、神奈川大の打者も「見たことのないスライダー。真っすぐの軌道で来て沈む」と話す。

 この変化球を捕れるキャッチャーは、なかなかいないだろう。そういう意味で速球に加え、変化球もまだまだ抑えているのではないかと思う。

 この春のリーグ戦と今大会の活躍で実績も十分となった。秋、そして来年は、リーグ戦では創価大の田中正義投手と共に多くのスカウトが連日詰めかける事になりそうだ。その騒がしい空気の中で、生田目選手がどんな進路を決めるのか、注目が集まる。

2015年度以降-東京新大学リーグのドラフト候補リスト

2016年度-大学生のドラフト候補リスト

 生田目は狙っていた。「最後は三振でカッコ良く決めてやろうと思った」。カウント0―2から2球続けて投じた直球は、今大会最速の152キロをマークした。思い通りにはならず、最後は二ゴロだったが、流通経大を29年ぶり決勝へと導く圧巻の2安打完封勝利。174センチの剛腕エースは、拳を力強く握ってガッツポーズを決めた。

速い。投球練習の感覚で振りかぶったり、セットを使い分けるが、この日はノーワインドアップ。捕手からの返球を受けると、約1・5秒でモーションに入る。「テンポよく投げれば、野手から“守りやすい”と言われるので」と1時間52分で試合を終わらせた。

 水戸工高時代から140キロ台を誇ったが、周囲の評価は「練習では逃げたがり」。だが、昨秋のリーグ戦で創価大に敗れ、第5戦までもつれた展開で体力のなさを痛感した。昨オフはダッシュなど1日10キロ走やポール間走100本などのメニューの後もランニングや投球練習で下半身をいじめ抜いた。就任6年目の中道守監督(44)も「心を入れ替えて走るようになった。2月からは何も言っていない」と舌を巻く成長をみせた。


PAGE TOP