来年のドラフト候補内野手、国学院大・山崎剛選手がプロへの決意話す

国学院大, 山崎剛

東都大学リーグのヒットメーカー、国学院大の山崎剛選手が、来年のプロ入りに向けて目標を挙げた。

ヒットメーカー

国学院大はこの日、練習納めとなったが、来年のドラフトに向けて注目される選手がいる。山崎剛選手は172cmのセカンドで、大学2年生の春に首位打者を獲得すると、この秋も20安打を記録し打率は.317、3年秋までの通算安打数を69としている。目標とする通算100安打までは31本で来年フルで出場すれば達成できる見込みだが、山崎選手は「シーズン25安打は打ちたいし、ホームランも見せたい。」と話した。

また山崎選手は今年夏の日米大学野球で侍ジャパン大学代表に選出された。内野手として吉川尚輝選手(2016年巨人ドラフト1位)や京田陽太選手(2016年中日ドラフト2位)の壁は厚かったものの、4戦目では9番セカンドで出場し3打数1安打1四球だった。

山崎選手は「プロに行きたい気持ちはある」と話し、「もっと力強い打球を打たないと。今はしっかり振って、強い打球を打つことを意識しています」とヒットだけでなくホームランを増やすためにウェートトレーニングで体重を4kg増やし長打力を磨いているという。

50m5.9秒の足で1番バッターとして君臨する山崎選手。2014年には山下幸輝選手が、2015年には柴田竜拓選手が横浜DeNAに指名されており、二人を手本にプロ入りを目指す。

日米大学野球(2016)出場の侍ジャパン大学日本代表選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

国学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2年春には首位打者に輝くなど通算69安打。今秋も20安打を放った左のヒットメーカーが目指す選手像は、青木(アストロズ)だ。ウエートトレと体重4キロ増で長打力アップにも着手。「シーズン25安打は打ちたいし、ホームランも見せたい。プロに行きたい気持ちはある」と宣言した。

50メートル走5秒9の俊足に加え、昨春のリーグ戦で首位打者を獲得するなど、巧みなバットコントロールで安打を量産する。


PAGE TOP