東北楽天、九州国際大付・高城俊人捕手を指名へ!

東北楽天が九州国際大付・高城俊人捕手をドラフト候補としてリストアップ、指名を検討している事が分かった。東北楽天は嶋捕手に続く捕手の補強を目指しており、同志社大・小林誠司捕手を上位候補にリストアップしていたが、小林選手が社会人の道も考えている事、またプロ志望をしたとしても小林選手には阪神なども上位候補としてマークしており、指名の順番によっては獲得できない可能性もある。

小林選手を獲得したとしても、後に続く捕手として将来性の高い高城選手を獲得することで捕手の層が一気に厚くなり、チームとしてはどうしても獲得したいところだろう。

いろいろと深読みをすると、小林選手を確実に獲得するにはドラフト1位で指名すればよく1位指名すると考えていた。しかしこのように捕手候補を大勢挙げるということは、ドラフト1位では小林選手以外の指名も考えられ、そうなるとスラッガー候補の慶大・伊藤隼太選手、という予想もできる。

高城選手はセカンドまでの送球が1.81秒を記録、センバツではホームランも放ち、チームを準優勝に導いた実績もある。今日21日にプロ志望届けを提出した高城選手に対して、他球団の動向も気になってくる。

  •  - 

  • PAGE TOP