国際武道大・勝俣翔貴選手がリーグ100安打達成、「プロに行くとやってきた」

国際武道大, 勝俣翔貴

国際武道大の勝俣翔貴選手がこの日、リーグ通算100安打を達成した。高校時代にもU18の4番として注目されたが「プロに行くと決めて4年間ずっとやってきた」と話した。

平成で達成

勝俣翔貴選手はこの日、平成最後となるリーグ戦の試合・中央学院大戦で3番サードで出場すると、3回2アウト1,2塁の場面で逆転となる3ランホームランをライトスタンドに放り込んだ。そして9回、1点リードされて迎えた打席でレフト前ヒットを打ち、リーグ通算100安打を達成した。

勝俣選手は東海大菅生で144キロを投げる投手として、また強打者として注目されると、侍ジャパンU18W杯では清宮幸太郎選手を3番に置き、4番を打って大会の首位打者、最多打点、ベストナインに輝いた。

プロからも当然注目されたものの大学進学を決め、国際武道大に進むと、サードとして1年生の秋から昨年秋まで5季連続ベストナイン、2年春から4季連続で打率.380以上を記録し2年春に首位打者を獲得している。

また大学野球選手権でも一昨年、昨年と2年連続で準優勝をしている。しかし、千葉大学リーグという事もあり、東京六大学で活躍する柳町選手のような報道はなかなかされない。勝俣選手は、リーグ最多記録となる127安打を目指し、「リーグ記録を目標にしている。プロに行くと決めて4年間ずっとやってきた。そこはぶらさずアピールしていくしかない。」と話した。そして「引っ張っても流しても強い打球が打てて、ホームランより打率が残せる打者になりたい」と話す。

今季からは主将としてもチームを引っ張る。この日はタイブレークの末勝利して勝ち点を挙げた。まずはリーグ5連覇、そしてあと一歩に来ている大学野球選手権での優勝をし、リーグ最多安打の記録更新、そして秋のドラフト会議でのプロ入りを目指す。平成の間に100安打を達成したが、令和でも勝俣選手の活躍が注目される。

2019年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
2019年度-千葉県大学リーグのドラフト候補リスト

今秋ドラフト候補の国際武道大・勝俣翔貴内野手(4年=東海大菅生)が平成最後の試合で一発を含む2安打を放ち、リーグ通算100安打を達成した。「3番・三塁」で出場し、2点を追う3回2死一、二塁で一時逆転の右越え3ラン。同点の9回に左前安打を放ち、大台に到達した。


PAGE TOP