武岡大聖選手2本塁打、ドラフト候補の弟に「あいつばかり目立って」

八戸学院大, 武岡大聖

八戸学院大は、4番レフトで出場した武岡大聖選手が、2打席連続ホームランを放った。弟は八戸学院光星のショートでドラフト候補として注目される武岡龍世選手。

兄の威厳

武岡大聖選手は中学時からスラッガーとして注目され、生光学園でも主砲として活躍し、八戸学院大に進んでいた。この日は、2回に先頭打者で打席に入ると、センター先制のホームランを放ち、4回には打った瞬間にわかるライトスタンドへの大きな一発、全国の舞台で2打席連続ホームランを放った。

八戸学院大OBの西武・秋山選手が応援に来ていたが、武岡選手の打撃について「ノーステップでうまくタイミングが取れて、力を伝えられている。あそこまで飛ばすなんてすごい。これからも頑張ってほしい」と話した。

この武岡選手、弟は甲子園で活躍を見せて今年のドラフト候補として注目されている八戸学院光星の武岡龍世選手だが、「パワーは負けない。あっちばかり目立っているので」とこの日は兄の威厳を示す全国大会での活躍となった。

試合は9回まで3-0でリードしていたものの、9回裏にまさかの結末でひっくり返され3-4でサヨナラ負けを喫した。大学3年生の兄は今年プロ入りしそうな武岡選手に続き、来年のドラフトで指名されるためにまた秋も神宮に来て欲しい。

2020年度-大学生のドラフト候補リスト

弟は今秋ドラフト候補に挙がる八戸学院光星・龍世内野手(3年)だ。「パワーは負けない。いつもあっちばっかり目立っているので」と、ちゃめっ気たっぷりに兄としての“威厳”を示した。

スタンドには西武・秋山、巨人・高橋らプロOBも応援に駆けつけた。敗れはしたが秋山は「武岡君はあそこまで飛ばすなんて凄い。これからも頑張ってほしい」とエールを送っていた。


PAGE TOP