大学代表先発、森下暢仁投手にも11球団絶賛評価

森下暢仁

壮行試合で先発した大学代表の森下暢仁投手にも、11球団のスカウトの絶賛の声が集まっている。

151キロ、初回は三者凡退

森下暢仁投手は先頭バッターの森敬斗投手に対し、いつも通りカーブから入ると、ややストレートを抑え気味に制球とカーブでショートフライに打ち取ると、3番の韮澤雄也との対戦でこの日最速となる151キロを記録し徐々にスピードを上げて3者凡退に抑えた。「チームに流れを作ろうと、高校生に自分の投球を見せつけてやろうと思った」と話した。

しかし、その裏に佐々木朗希投手の投球を見せられると、2回はやや力みがあり制球が乱れた。先頭の石川昂弥選手にはセンター前に落ちる打球を外野手が処理を誤って2ベースにすると、その後、再び味方のまずい守備で1失点をした。「佐々木君が良い投球をして、力んでしまった。156キロを投げられないのだから、球の質で勝負できないと。低めに回転のある、強いボールを投げようとしたけど、自分の実力不足でした」と話した。

しかし、次の遠藤成選手を三振に斬ると、その後2者を打ち取った。2回1安打2奪三振で自責点は0という内容だった。

12球団スカウトの評価

◎横浜DeNA・吉田スカウト部長:「球には力がある。もうちょっと制球は良いはずだけれど、今日は佐々木くんの投球も見て力んじゃったのかな。でも今は、それくらいのほうが良いんですよ。」

◎広島・苑田スカウト統括部長:「1つの球種が悪ければ違った球種を中心に変えるなど対応力が素晴らしい。」

◎中日・松永編成部長:「大学生の中では一番できている投手。ローテーションに入る素材だと思う。」

◎東京ヤクルト・伊東編成部長:「スピードもあって、コントロールも良く変化球も操っている。高校生とは違う。今日は力みがあったんじゃないかな。変化球が高めに浮いたりしていた。でもこれからどんどん調子を上げてくるでしょう。即戦力はもちろん、1位候補の1人ですよ。」

◎福岡ソフトバンク・永井部長:「今日は短いイニングで力を入れて投げていたけど、良いボールを投げていた。完成度が高い。直球主体で投げて、直球で空振りが取れるのが評価できる。まちがいなく上位候補。」

◎埼玉西武・渡辺GM:「経験がある。打者を見ながら投げられる。当然、即戦力。

◎東北楽天・立花球団社長:「素晴らしい。奥川君も見たけど、この3人はすごいですね。これから議論していきます。」

◎千葉ロッテ・松本球団本部長:「試合をつくる力がある。即戦力。」

◎北海道日本ハム・山田スカウト顧問:「実戦的で安定していますよね。走者を出しても余裕を持って投げている。勝てる投手と言えますね。」

◎オリックス・古屋編成副部長:「森下君は大学、社会人ではナンバーワンでしょう。すぐ使える投手です。」

▽ソフトバンク永井部長 佐々木君は、伸びしろという部分では一番いい。これからどう伸びていくんだという楽しみが大きい。(1位候補は)当然です。森下君は、完成度が高い。直球主体で投げて、直球で空振りが取れるのが評価できる。まちがいなく上位候補。
▽西武渡辺GM 佐々木君は、あれだけのボールを投げて軸がぶれない。(岩手大会で)最後、投げなかったので(状態が)どうかと思ったけど、評価は変わらない。素晴らしい投手。森下君は経験がある。打者を見ながら投げられる。当然、即戦力。
▽楽天立花球団社長 佐々木君は球速はあるし、変化球も良い。これだけの大歓声でプレッシャーを力にして大したもの。森下君も素晴らしい。奥川君も見たけど、この3人はすごいですね。(1位指名は)これから議論していきます。

高校代表先発・佐々木の投球を目の当たりにして「佐々木君が良い投球をして、力んでしまった。自分の実力不足」と、二回は先頭の石川が放った中前二塁打からミスが重なり先制の1点を許す結果となった。


PAGE TOP