大商大・橋本侑樹投手、6球団スカウトの前でノーヒットノーラン

大阪商業大, 橋本侑樹, 大西広樹

大商大の149キロ左腕・橋本侑樹投手が、阪神など6球団のスカウトが注目する前でノーヒットノーランを達成し、大きなアピールをした。

春から急成長

橋本侑樹投手は最速149キロの速球を投げる左腕投手、大商大では右の大西広樹投手が注目され、これまでエースとして投げていたが、この春のリーグ戦終盤からグラブの位置を変えると、「前に出してリリースも安定して球威も出るようになりました」と話すように球速も制球も安定するようになり、大学野球選手権では九産大戦で1失点完投勝利を挙げるなど、目覚ましい成長を見せていた。

そしてこの日、リーグのライバル・京都産業大戦戦で先発をすると、140キロ中盤の速球とスライダー、フォークを降まぜ、7回までノーヒットが続く。橋本投手は「後半になるにつれ“あるぞ、あるぞ”と言われました。最後の9回はめちゃくちゃ意識しました」と話すように周囲の大記録達成の雰囲気にプレッシャーを感じながらも、9回108球を投げ切り、9回9奪三振3四球でノーヒットノーランを達成した。試合も1-0の投手戦で価値ある勝利となった。

プロ志望届提出

橋本投手は、大西投手と共に既にプロ志望届を提出しており、明日にも公示される予定。この日は阪神など6球団のスカウトが視察をしたが、スカウトの前で大きなアピールを見せた。

スカウトが視察していることについては、「個人としては球速も上がってきているし、そこを見てもらえたら嬉しい」と話す。昨年まではややストレートが物足りないという印象だったが、選手権では威力も十分で、大学・社会人の左腕投手の候補の中でトップクラスに入ってきていると感じている。

4年生に大きく成長、そしてまだ成長の伸びしろがある橋本投手、ドラフト前に評価はグングンと挙がっていきそうだ。

2019年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
2019年度-関西六大学リーグのドラフト候補リスト

今秋ドラフト候補の最速149キロ左腕はこの日、僚友・大西広樹投手(4年=大商大高)とともにプロ志望届を提出。6球団のスカウトが見守る前での大記録達成だった。「個人としては球速も上がってきているし、そこを見てもらえたら嬉しい」。チームの優勝と自身の目標のため、アピールを続けていく。

春のリーグ戦終盤から投球時のグラブの位置を変更。「前(捕手側)に出してリリースも安定して球威も出るようになりました」。その後、6月の全日本大学野球選手権では九産大戦で3安打完投し、「自信が付きました」と振り返る。

 最高のピッチングをプロのスカウト陣の前で示した勝負強さ。「(スカウトには)球速を見てもらいたい」。149キロ左腕がドラフト戦線を熱くする。


PAGE TOP