東北公益文科大が今年と来年のドラフト候補投手完封リレーでV逆王手

東北公益文科大, 赤上優人, 石森大誠

東北公益文科大が、149キロ左腕と153キロ右腕の完封リレーで首位の東日本国際大との直接対決に勝利し、優勝に逆王手をかけた。

今年と来年のドラフト候補完封リレー

東北公益文科大は、4年生でプロ志望届を提出している149キロ左腕の石森大誠投手と、3年生で来年のドラフト注目投手の153キロ右腕・赤上優人投手がおり、注目をされている。

この日は1勝差で追う東日本国際大との直接対決となったが、先発したエースの石森投手が4回まで3安打無失点に抑えると、5回から登板した赤上投手が5イニングを2安打に抑えて完封リレーで勝利、東日本国際大と7勝2敗で勝率で並んだ。

石森投手は「ずっと負けてきた相手に勝ちたい気持ちだった」と話し、赤上投手は「気負わず自分の投球ができた」と話した。横田監督も「完封リレーがすべて。守り抜いて9回には追加点も取り、相手エースをマウンドから降ろした」と評価した。

石森投手は今年の大学生左腕投手として注目されている立命館大・坂本裕哉投手や大商大の橋本侑樹投手と比べても引けを取らない。また赤上投手は、大船渡の佐々木朗希投手よりもストレートは速く感じられる素晴らしい球速と球威、質を持つ投手で、来年のドラフト1位候補だと思う。

今日の2回戦で勝利すれば、10季ぶり2度目のリーグ優勝となる。石森投手と赤上投手は「もちろん投げるつもりです」と話し、今日も完封リレーを狙う。

2019年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
2020年度-大学生のドラフト候補リスト

石森が4回を散発3安打、赤上も残り5回を散発2安打に抑え、昨秋の大学東北王者をシャットアウトした。主将も務める石森は「ずっと負けてきた相手に勝ちたい気持ちだった」と4年生の意地。大学入学後、本格的に投手転向の赤上は「気負わず自分の投球ができた」と胸を張った。


PAGE TOP