八戸学院大・大道温貴投手に広島・近藤スカウト「即戦力より素材型」

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース

八戸学院大の大道温貴投手について、広島の近藤スカウトは伸びしろの大きさを評価している。

これという変化球が出てくれば

八戸学院大の大道温貴投手は、1年生からリーグ戦で登板し、3年までに20勝を挙げている。昨年の大学野球選手権で140キロ後半の速球とスライダーを軸に好投し注目されると、この春は最速150キロを記録した。

その大道投手に広島の近藤スカウトは「角度のある、重くてキレのいい直球がある。大卒だけど即戦力より素材型。鍛えていけば面白い」と評価すると、パリーグの他のスカウトは「1,2,3年と球の強さは確実についてきて、成長している」と話す一方で、「プロではタイプ的にたくさんいる投手。直球を生かせる変化球がないと厳しい。これ、という変化球が出てくれば面白い」と話し、特徴ある変化球が必要と話した。

3年から4年での成長を見せる春のリーグ戦は中止となってしまい、さらに成長しているとみられる大道投手の姿はまだ見られていないが、大道投手は、「今まではスライダーに頼っていたし三振も取れている。でも、もっと投球の幅を広げたいし、球数を少なくして投げたい」と話し、カーブや沈む球などの習得を目指している。

現時点でドラフト指名圏内に入っているとみられ、球団によって評価にバラつきがあるかもしれないが、4位までには消えると思う。ただし、まだ評価の確定していない投手で、秋のリーグ戦の内容次第で、2年上の高橋優貴投手のように、一気に1位指名候補になる可能性もある。

個人的には高めのストレートで空振りを奪えるようになればと評価するが、球威のアップと変化球による投球の幅によってそれができるようになれば良い。

2020年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

広島・近藤スカウトは「角度のある、重くてキレのいい直球がある。大卒だけど即戦力より素材型。鍛えていけば面白い」と評価。冬場のウェートトレで体も大きくなったが、球速も含めて伸びしろ十分だと感じている。パ・リーグのあるスカウトは昨秋までの印象として「1、2、3年と球の強さは確実についてきて、成長している」と話す一方で、「プロではタイプ的にたくさんいる投手。直球を生かせる変化球がないと厳しい。これ、という変化球が出てくれば面白い」と課題をあげた。現在取り組んでいる、決め球のスライダーやその他の変化球により磨きをかければ、上のレベルでも通用するはずだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント