九産大の151キロ右腕・渡辺翔太投手が九共大に力で勝利し逆王手

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

福岡六大学リーグでは、首位・九州共立大と2位・九州産業大の対決が行われたが、九産大の151キロ右腕・渡辺翔太投手の踏ん張りで勝利し、九産大が逆王手をかけた。

スポンサーリンク

148キロ

渡辺翔太投手はこの日、最速148キロのストレートでインコースを厳しく攻めると、4回まで5つの三振を奪う力投を見せた。5回からは打たせてとる投球に変え、丁寧に打ち取ってゆき、6回まで無失点の好投を見せた。

7回に一発を浴びると、8回には連打で2失点と疲れが見えて降板したが、7回2/3を6安打3失点に抑える投球で5−3で九共大に勝利した。これで、九共大が勝ち点4の8勝2敗、九産大が勝ち点3の8勝3敗となり、今日15日の試合で九産大が勝てば勝ち点と勝率で並ぶため、直接対決の結果で九産大が優勝となる。

渡辺投手はこれでリーグ通算17勝0敗と無敗記録を伸ばし、リーグ戦では無双の活躍を見せる。しかし、全国の舞台では昨年の大学野球選手権では初戦の和歌山大戦で、3番手で登板し6回1/3を4安打8奪三振も、タイブレークで敗れて敗戦投手になった。

また、秋の明治神宮大会でも国学院大を相手に7回5安打7奪三振1失点と好投するも、完封負けで敗戦投手になり、それぞれ好投しているものの全国大会で黒星2つがついている。

今年は、全国での白星を目標に、今日の決戦に連投も志願する。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-福岡六大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
九産大が6季連続優勝へ逆王手!気合の丸刈りエース・渡辺が魔球駆使の力投「スプリームが良かった」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第6週第1日の3試合が行われ、九産大が九共大を5―3で下し6季連続リーグ優勝に逆王手をかけた。髪を丸刈りにして気合を入れた先発右腕の渡辺翔太投手(4年)が7回2/3を3失点で踏ん張り、勝てば優勝が決まる九共大を退けた。勝ち点制の今季は同じ勝ち点なら勝率で順位を決めるため、15日の2回戦で九産大が連勝なら優勝、敗れれば...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント