智弁和歌山, 黒川史陽

国体で星稜と対戦した智弁和歌山は、全員が木製バットで臨んだ。3番で出場した黒川史陽選手は4安打を放ち、木製バットに対応した打撃を見せた。

星稜高, 奥川恭伸

国体に出場した星稜高校、エースでプロ注目の154キロ右腕・奥川恭伸投手が久々の星稜のユニフォームでプレーし、最速150キロのストレートを投げ込んだ。

佐々木朗希, 大船渡高

広島の松田オーナーは、大船渡・佐々木朗希投手が面談を行った場合に、スカウトを参加させることを明言した。

林優樹, 森敬斗, 水上桂

No Image
U18ワールドカップを戦った選手たち、大会後に希望進路について各紙が調査をしていたが、そこで希望進路をプロとしていなかった3選手がこの日、プロ志望届を提出した。

浦和学院, 埼玉栄, 美又王寿, 内田了介, 三奈木亜星, 廣咲悠雅

No Image
秋季高校野球埼玉大会では、埼玉栄の146キロ右腕・内田了介投手と浦和学院の146キロ右腕・美又王寿投手が投げ合いを見せた。

No Image
U18ワールドカップの戦いを終え、侍ジャパンU18代表は解散となる。帰国後、それぞれの道へ進んでいく。日刊スポーツでは代表選手の希望進路を掲載しています。

旭川大高, 持丸泰輝

No Image
甲子園でも素晴らしい打撃を見せた旭川大高の持丸泰輝捕手が、プロ志望届を提出したことが分かった。

花咲徳栄, 井上朋也

No Image
秋季高校野球埼玉大会では、来年のドラフト候補・花咲徳栄の井上朋也選手が、高校通算40号ホームランを放った。

桐蔭学園, 森敬斗

No Image
U18W杯で1番バッターとして活躍し、進路の決断が注目されていた桐蔭学園の森敬斗選手が、プロ志望届を提出することが分かった。

佐々木朗希, 大船渡高

No Image
U18W杯の終了後、9月中旬から下旬にも大船渡高校で会見が行われると見られていた佐々木朗希投手が、10月2日に進路表明会見を行う事が分かった。進路について国内プロで変化はないものとみられる。

スポンサーリンク
PAGE TOP