今年の福島県のドラフト候補

高校野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 福島県のドラフト候補をピックアップします。福島県の高校野球というと近年では聖光学院が飛びぬけている。しかし昨年、県内無敵だった聖光学院に土を付けたにた日大東北でプロ注目投手がいる。大学は東日本国際大があるが候補選手はまだ少なく、社会人野球に目立ったチームは見られない。

 

ドラフト注目選手は

 昨年は聖光学院・園部聡選手が注目されたが、今年は聖光学院に土を付けた日大東北の大和田啓亮投手に注目が集まりそうだ。大和田投手は147km/hの速球が魅力で、既に巨人や福岡ソフトバンクが注目している。昨年秋季大会では聖光学院戦で139球を投げて8安打1失点と粘りの投球を見せ完投勝利した。まだ空振りで相手を圧倒するような感じではないようだが、この冬にどれだけ成長をしているかに注目したい。

 またもう一人、小高工の菅野秀哉投手もプロから注目されている。182cmのスラッとした投手で球速は140km/hだが、中日のスカウトが「肘が柔らかくて前で放れる。」と話し評価をしている。

 

その他、注目されそうな選手

 聖光学院にも選手が揃う。中でも昨年に2年生ながら甲子園でもエースとして好投を見せた石井成投手は、177cmの左腕でキレの良いストレートを投げていた。昨年の段階では大学経由で成長しそうという評価だが、この冬の成長でその評価を打ち破りドラフト候補に入ってくるか注目したい。

 

 (選手の情報、選手の評価をお待ちしております!)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント