オリックス、ドラフト1位候補にJR東日本・吉田一将投手

社会人野球ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 ニッカンスポーツによると、オリックスが今年のドラフト1位候補としてJR東日本・吉田一将投手を挙げているという。

 オリックスはドラフト1位で即戦力投手指名を基本としており10人前後をリストアップしており、その中でも吉田一将投手に球団関係者が「実力は文句なし、社会人でローテーションを守り、大舞台で結果を残している。プロでもやれるでしょう。」と評価したとの事。

 オリックスは九共大・大瀬良大地投手、桐光学園・松井裕樹投手をリストアップしたが、JR東日本からは2011年に縞田拓弥選手と川端崇義投手を、2012年には戸田亮投手を指名しており、繋がりがある。都市対抗のピッチングが決めてとなりドラフト1位の筆頭候補となったようだ。

 オリックスは金子千尋投手、佐藤達也投手など即戦力投手の指名には定評がある。ケガなどで揃わなかった先発陣に喝を入れる事になりそうだ。

オリックス1位候補に191cm吉田  - ニッカンスポーツ紙面:2013/8/20

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント