オリックス、大阪桐蔭の藤原恭大選手、根尾昂選手に密着マーク

高校野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース オリックスドラフトニュース

オリックスは来年のドラフト会議に向け、大阪桐蔭の藤原恭大選手、根尾昂選手に密着マークすることが分かった。

ショートと1番候補

球団関係者は二人について、「先輩の中田翔選手のように、大学生・社会人でできることが今できている」と野球選手としての完成度の高さを評価、根尾選手は遊撃手として、藤原選手は1番バッターとして注目している。

大阪桐蔭OBであるオリックスの関西担当・谷口スカウトが二人を密着マークし、他球団に先んじる。オリックスがドラフト1位で高校生を指名すれば、2012年の同じく大阪桐蔭の藤浪晋太郎投手以来となる。

チームはショートと1番バッターを補強ポイントとしており、特に1番バッターは今年も多くの選手が入れ替わって打ち、T-岡田選手も1番バッターを務めた。藤原選手は即戦力の1番バッターとして注目する事になるかもしれない。

根尾選手、藤原選手の二人は共に、他球団もドラフト1位候補に名前が挙がる選手で、ドラフト会議ではどこがどちらを指名するのかが注目されそうだ。

2018年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2017 Draft home page
大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

来季へマーク、大阪桐蔭2人 日刊スポーツ紙面 2017/12/23

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント