2018年ドラフト候補、高校生北信越編

鈴木裕太, 山田龍聖, 直江大輔

2018年のドラフト候補を紹介してゆきます。今日は北信越の高校生選手。

2017年は

佐渡の菊地大稀投手や富山第一の森圭名投手、星稜の清水力斗投手、日本文理の川村啓真選手などが注目されたものの、ドラフト会議では糸魚川白嶺の綱島龍生選手が埼玉西武のドラフト6位で、啓新の牧丈一郎投手が阪神の6位で、関根学園の荒井颯太選手が巨人の育成8位で指名され、ドラフト上位指名選手もおらず、全体的にはやや寂しい結果となった。

注目選手

課題があるものの注目される選手がいる。日本文理の鈴木裕太投手は中学時代から速球に注目された選手で、最速148キロの速球を投げる。しかし故障がちでなかなか本調子の状態を見ることができない投手でもある。

高岡商の山田龍聖投手も1年時から球速に注目されている投手で、148キロを記録する182cmの左腕投手という事で、期待は自然に高まる。甲子園でも制球力に課題を見せたが、成長に期待したい。

その中で松商学園の直江大輔投手は183cmのスラっとした身体から、腕のしなりがあるフォームでキレの良いストレートを投げる。まだ140キロ台前半で、夏の甲子園では盛岡大付戦で2回2/3で3安打2失点を喫したが、この冬の成長が大いに期待される。

その他の選手

センバツ出場が確実の日本航空石川には、145キロの速球を投げる大橋修人投手がいる。力投型だったが変化球も使えるようになりエースのピッチングを見せた。

上田西の小金澤飛湧投手は185cmから143キロの速球を投げ、その成長に期待が高まる。富山商の沢田龍太投手も183cmの身体があり重い130キロ後半の球を投げる。加茂暁星の竹林楓也投手も181cmかあ140キロの速球を投げる。

野手では坂井高の石川雅晴捕手がセカンドまで1.8秒台の強肩で注目される。敦賀気比の杉森圭輔捕手は小学校・中学校で全国制覇を経験し、世界選抜でも活躍を見せたの応力の高い選手。日本航空石川の上田優弥選手も強打のチームに中心におり、抜群の打球の飛距離を見せる。

松本深志には180cm右腕で142キロの小林紘投手、177cm右腕で143キロの小林綾投手という双子のエースがおり、共に注目される。

 

2018年度-高校生-北信越のドラフト候補リスト


PAGE TOP