北海道日本ハム、花巻東・大谷翔平投手を1位候補に!

高校野球ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

北海道日本ハムが花巻東・大谷翔平投手の獲得にむけて東日本担当スカウトを増員、山田GMは大谷翔平投手に対し、「一級品。腕の振りが柔らかく、直球には角度もある。他の高校生と比べても頭1つ抜けている存在」と話していることがニッカンスポーツ・コムに書かれている。

北海道日本ハムはこれまで、亜大・東浜巨投手と花巻東・大谷翔平投手を1位候補としてマーク、昨年のドラフトで東海大・菅野智之投手を指名したが獲得できなかったことから、即戦力エースの獲得の可能性が高いかと思われていた。しかし山田GMは大谷翔平投手を東浜投手と比較し「東浜はもちろん大学生なので即戦力だが、大谷は高卒でもひょっとしたらシーズン中には1軍に上がって4勝くらいするんじゃないか、という魅力がある」と話し、また「入団後即、勝ち星を挙げることも大切なポイントだが、将来的にワールド・ベースボール・クラシック(WBC)代表で活躍できるような選手が欲しい」と話すなど即戦力にこだわりは無いようだ。

高校生候補では大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手や愛工大明電・濱田達郎投手などもいるが、高校生の中で頭一つ抜けているというコメントを聞くと、1位候補は大谷投手に絞られているような印象も受ける。

北海道日本ハムは他にも、福岡工大城東・笠原大芽投手、智弁学園・青山大紀投手などをリストアップしており、外れ1位候補となりそう。

  • 特Aランクのドラフト候補一覧!
  • 日本ハムが“東北のダル”大谷に熱視線 - ニッカンスポーツ・コム:2012/03/01

     日本ハムが今秋ドラフトで“東北のダルビッシュ”の異名を取る最速151キロ右腕、花巻東(岩手)の大谷翔平投手(2年)を1位指名候補に挙げていることが2月29日、分かった。山田正雄ゼネラルマネジャー(GM)は「一級品。腕の振りが柔らかく、直球には角度もある。他の高校生と比べても頭1つ抜けている存在」と高く評価。今年から東日本担当スカウトが増員されたことも有利に働き、編成部門一丸となって長身の速球派を徹底マークしていく。

     高校生では群を抜く存在だ。山田GMは今年の大学生NO・1右腕、亜大・東浜巨投手(3年)と比較し「東浜はもちろん大学生なので即戦力だが、大谷は高卒でもひょっとしたらシーズン中には1軍に上がって4勝くらいするんじゃないか、という魅力がある」と言う。昨年までエースとして活躍したダルビッシュ(レンジャーズ)も、東北(宮城)から入団1年目は5勝。193センチの長身と剛速球から“東北のダル”と称されることが多い大谷だが、実績でも本家と同じくらいの勝ち星を見込める逸材というわけだ。 全文はニッカンスポーツ・コムの記事をご覧ください。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    シェアする
    ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

    コメント

    1. わしも日ハムゎ大谷投手だと思う。第二のダルを目指して。大谷投手と東浜投手で5球団ずつ指名があるかもね。この2人の活躍が楽しみ。