巨人、ドラフト1位指名は22日に決める、抽選の人選も

巨人ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 巨人の原監督はドラフト会議に向けて「22日に一致した形でドラフト当日を迎えます」と話し、22日のスカウト会議でドラフト1位指名選手を決定することを示唆した。

1位指名、抽選など

 昨年のドラフト会議でも直前に東京ガス・石川歩投手の指名が急浮上していた。独自の評価指標と各ポジションやクラスでのNO1の選手を指名する巨人、昨日のスポーツ報知の報道では将来性NO1野手の智弁学園・岡本和真選手の1位指名を報道した。

 これまで即戦力NO1の有原航平投手、将来のエース候補NO1の安楽智大投手などが挙げられていたが、最終的にそれらNO1選手の中から、どのポジションを選ぶかという事になる。

 明日の会議に出席する原監督は、「候補がたくさん出ているのは間違いない。22日にいろいろリサーチしたり、決めごともする。そこで一致した形で、ドラフト当日を迎えます」と話した。まだ結論は決まっていないようで、最終的に1位指名候補として出てくるのはドラフト前日という事になりそうだ。

 

抽選の人選も

 ドラフト1位は岡本和真選手にしても有原航平投手にしても競合の可能性がある。巨人は2011年に菅野智之投手、2013年に石川歩投手を1位指名し抽選で外している。2011年は清武氏が抽選に臨み、2013年は原監督が臨んだ。

 果たして今年は誰がその役目を担うのかも注目される。

 指揮官は個別の名前には触れなかったが「候補がたくさん出ているのは間違いない。22日にいろいろリサーチしたり、決めごともする。そこで一致した形で、ドラフト当日を迎えます」と明かした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント