福岡ソフトバンクのドラフト3位・古澤勝吾選手が仮契約

古澤勝吾

 福岡ソフトバンクがドラフト3位で指名した古澤勝吾選手が契約金5000万円、年俸600万円で仮契約を結んだ。自分を信じ続けてのプロ入りだった。

周りは大学進学を勧めるも

 九州国際大付では清水優心選手がプロから注目され、若生監督を始め周囲もプロ入りは間違いないと認めていた。それに対し古澤選手については、大学に進学して成長することを勧めていたという。

 2年時までで古澤選手は打撃力がありドラフト候補として名前は挙がるものの、強打の九国大付において飛び抜けて注目される選手ではなかった。しかし、3年春に打撃でアピールすると、夏はショートとしての守備力も評価されるようになり、ドラフト3位でプロ入りするに至った。

 古澤選手は小学生のころからプロ入りを周囲に宣言し、高校入学後も大学進学を勧める声に耳を貸さずにプロだけを見据えて、木製バットで素振りをしてきたという。その気持ちの強さが古澤選手を成長させたといえる。

 

若生監督も「すぐに活躍できる」

 この日は同校の監督を退任した若生前監督も交渉に同席したが、「体はもうしっかりできている。スピードに慣れれば、プロでもすぐに活躍できる」と話した。1年で若生監督の予想を超える成長を遂げた。

 古澤選手は「少しでも早く上がりたい」「やるからには死ぬ気でやる。気迫では負けたくない」と話した。次は古澤選手はどんな目標を立てるのだろう? しかしそれがどんな目標でも、その目標を達成する事の選手だと思う。プロ向きの選手だ。

 古沢も小学生のころから「プロに入る」と堂々と宣言。高校入学後も大学進学を勧める周囲の声には耳を貸さず、プロ志望を貫き木製バットでの素振りを続けてきた。交渉に同席した同校の若生正広前監督も「体はもうしっかりできている。スピードに慣れれば、プロでもすぐに活躍できる」と期待を寄せた。


PAGE TOP