花巻東・大谷翔平投手が代表合宿入り、進路は帰国後に!福岡ソフトバンクスカウトが視察!

大谷翔平, 花巻東

 8月30日から韓国で開かれる18U世界選手権の代表合宿が奈良・生駒市の近大生駒グラウンドで始まり、花巻東・大谷翔平投手など甲子園に出場しなかった選手が一足先に合宿を開始した。

 大谷投手は7月26日の岩手県決勝で敗れた後、27日からは練習を再開していて、この日もブルペンでカットボールなども含めて32球のピッチングを行った。また、代表監督の日大三・小倉監督は大谷投手を登板し無い時にはDHで起用すると話しており、世界選手権は木製バットで行われることからフリー打撃では木製バットで打ち込んだ。大谷投手は「投げられたのは良かった。(木製バットは)手が痛かった」と話した。

 この日は福岡ソフトバンクのスカウトが視察に訪れていたが、大谷投手は練習後に進路について「日本に帰ってきてから監督と話し合って決めたい。大学、社会人も視野に入れて広く考えろといわれている」と話し、帰国後に決める。

 花巻東・佐々木監督は自信を持って送り出した菊地雄星投手はプロ入り後に苦労した事から、慎重になっていることも考えられる。しかし、160kmの速球を投げあとは実戦経験を積んでいく段階にある大谷投手はプロで鍛えるほうが良いと個人的に思います。

高校日本代表 花巻東・大谷は二刀流「投げない時はDH」 - スポーツニッポン:2012/08/25

  第25回IBAF18U世界野球選手権大会(30日~9月8日、韓国)に参加する高校日本代表の国内合宿が大阪府内でスタートし、花巻東の160キロ右腕・大谷が「優勝目指して頑張りたい」と意気込んだ。

 

 この日はブルペンで32球を投げ、フリー打撃では大会で使用する木製バットで打ち込んだ。7月26日の岩手大会決勝以来の本格的な投球に「投げられたのは良かった。(木製バットは)手が痛かった」。代表チームの指揮を執る日大三・小倉全由監督は大谷について「投げない時はDHを考えている」と二刀流の起用法を示唆した。

花巻東・大谷、進路は「帰国後に」 - サンケイスポーツ:2012/08/25

  世界一へ向け、大谷が再始動した。奈良・生駒市の近大グラウンドのブルペンで32球。最速160キロを誇る自慢の直球に加え、カーブ、カットボールを投じた。「本格的な練習は久々で新鮮な感じ。投球練習の球が高かったので、しっかりとやりたい」

 

 7月26日の岩手大会決勝で盛岡大付に敗退後、翌27日から練習再開。日中に練習していたため、前日23日の甲子園大会決勝も「九回だけ。大阪桐蔭が勝つ瞬間を見た」という程度だ。

 

 一方、注目される卒業後の進路に関しては「日本に帰ってきてから(花巻東の佐々木)監督と話し合って決めたい。大学、社会人も視野に入れて広く考えろといわれている」と明言を避けた。 全文はサンケイスポーツのサイトをご覧ください。

花巻東・大谷、二刀流OK!…高校日本代表合宿スタート - スポーツ報知:2012/08/25

 指揮を執る小倉全由監督(55)=日大三監督=は投手起用について、大阪桐蔭の藤浪の疲労を考慮。「大谷君に予選は任せることになる」と語った。また、打っても通算56本塁打と投打で怪物ぶりを発揮する逸材に「打線の中心になる」と、DHや外野手での出場も示唆した。

 注目される進路については、「(佐々木洋)監督も落ち込んでいたので進路については話していない。大学、社会人など幅広く考えながら話して決めたい」と話すにとどめた。 全文はスポーツ報知のサイトをご覧ください。


PAGE TOP