阪神・高野球団本部長が清宮選手視察へ

高校野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神の高野球団本部長が早稲田実の清宮幸太郎選手を、甲子園で直接視察をすることが分かった。

24日に

雨天のため早稲田実業の試合は24日に順延となったが、高野球団本部長は「見に行く予定です。雨で流れても京セラのナイターでオリックス戦、昼間に見れますから」と話し、阪神のオープン戦とは重なることがないため、見に行くとした。

阪神は今年のドラフトでは即戦力左腕投手か高校生野手を軸にドラフト1位候補をチェックしている。高野球団本部長はドラフト1位指名する可能性のある選手は基本的に視察をしており、また履正社の安田尚憲選手の試合には行っていないことから、清宮選手が本命とも見て取れる。

高山俊選手、大山悠輔選手を獲得し、そして清宮選手が獲得できれば、将来のクリンナップは完成する。

24日は阪神だけでなく多くの球団のスカウトや球団幹部クラスも視察に訪れるとみられるが、満員の甲子園球場で座席が確保できるのかも気になる。

2017年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

早稲田実業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

高野球団本部長、清宮・直接視察 デイリースポーツ紙面 2017/3/22
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント