阪神、来年ドラフト候補として149キロ左腕・鈴木翔天投手に注目

富士大, 鈴木翔天

阪神は来年のドラフト候補として、富士大の184cm左腕・鈴木翔天投手に注目していると、サンケイスポーツが報じた。

184cm、149キロ左腕

鈴木翔天投手は184cmの身長から149キロの速球を投げ、大きなカーブとのコンビネーションでタイミングを外す。富士大進学後から本格的に投手に取り組み始めると、3年時には149キロを記録し、今年8発の八戸工大戦ではリーグ初となる完全試合を達成した。

テイクバックでいったんモーションが止まるような、制球を重視したようなフォームだが、そこから140キロ中盤の速球を投げれる力がある。もともと野手で、けん制やフィールディングもよく、完成度の高い投手で、富士大の豊田監督も「球速も速く、投げ方も全盛期の内海投手のよう」と話し、富士大出身の小野投手や多和田投手と比べ、「僕は小野や多和田以上だと思う」と話した。

阪神注目

記事では具体的に球団関係者の話などの情報はなく、富士大の先輩・小野投手を獲得している事や、阪神が左の先発投手が、能見、岩貞、横山などがいるが、伸び悩んでいる現状を踏まえてという内容だった。

今年もドラフト2位で高橋遥人投手、また育成ドラフト1位で石井将希投手と2人の左腕投手を指名するなど、左腕投手を補強ポイントとしているのが分かる。鈴木投手は他球団も注目する大型左腕で、阪神が注目するのも間違いないだろう。

その中で阪神は、藤原恭大選手や根尾昂選手、小園海斗選手や引地秀一郎投手にも注目しており、将来のチームを背負う選手を優先するか、即戦力の左腕投手を優先するかがポイントになる。

年明けには1回目のスカウト会議が行われ、方針が決定される。そのニュースに注目したい。

2018年ドラフト指名予想

富士大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2018年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

金本監督が来季の飛躍に期待を寄せる小野。その金の卵が育った母校に、再び虎の恋人がいた。最速149キロ左腕、鈴木翔天だ。北東北大学秋季リーグで完全試合を達成した“ミスターパーフェクト”に、猛虎が熱視線を送っていることが判明した。

 来年4年生となる鈴木は、富士大進学後から本格的に投手挑戦。3年時からメキメキと成長し、最速は149キロを計測するまでに変貌を遂げた。今年8月27日の八戸工大戦(八戸東運動公園)では、15奪三振でリーグ史上初の完全試合を達成。これは南東北、仙台六大学を含めても、初の快挙となった。


PAGE TOP