阪神、育成ドラフト2位の奥山皓太選手に手厚い指名あいさつ、糸井選手を期待

奥山皓太

阪神は育成ドラフト2位で指名した静岡大の奥山皓太選手に、畑山統括スカウト、永吉編成ディレクターと担当の吉野スカウトが指名あいさつをして、期待の高さを示した。

50m5.8秒&遠投120m

奥山皓太選手は186cm93kgの体がありながら、50mを5.8秒で走り、遠投は120mを記録する。静岡大初のプロ野球選手となり、阪神からもこの日、3人が指名あいさつに訪れ、期待の高さを示している。

吉野スカウトは、「足と肩が非常にいい。打撃は粗削りで、これから修正が必要だが、それをコツコツできる努力型の選手。そういう部分も評価した。タイプとしては身体能力が高いので、糸井選手のようになってくれたら。小さくまとまらず、大きく成長してほしい」と話し、三拍子そろった糸井選手のような選手を目指してほしいと話した。

ラグビーなど他のスポーツでも相当期待されたんじゃいないかと思う大きな体と身体能力で、育成から這い上がって球界を代表するアスリート選手になってほしい。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧

阪神の畑山俊二統括スカウト、永吉和也編成ディレクター、吉野誠スカウトが訪問。奥山は50メートル5秒8の俊足と、遠投120メートルの強肩が持ち味。担当の吉野スカウトも「足と肩が非常にいい。打撃は粗削りで、これから修正が必要だが、それをコツコツできる努力型の選手。そういう部分も評価した。タイプとしては身体能力が高いので(阪神の)糸井(嘉男)選手のようになってくれたら。小さくまとまらず、大きく成長してほしい」と期待した。


PAGE TOP