巨人、ドラフト2位の太田龍投手の指名あいさつ、「ポテンシャルは1位の12人に入る」

太田龍

巨人は、ドラフト2位で指名したJR東日本の太田龍投手に指名あいさつをした。担当の織田スカウトは、「ポテンシャルは1位の12人に入ってきてもいいくらい」と評価する。

190cmから153キロ

太田龍投手はれいめい高校時代に、都城の山本由伸投手(2016年オリックスドラフト4位)、福岡大大濠の浜地真澄投手(同・阪神ドラフト4位)、九産大九産の梅野雄吾投手(同・ヤクルトドラフト3位)と九州BIG4と注目され、190cmの上背もあった太田投手はドラフト上位候補に名前も挙がっていた。しかし、社会人での成長を誓いJR東日本に進んだ。

社会人でもそのポテンシャルは注目され、2年目となった昨年の都市対抗ではリリーフとして登板し153キロのストレートとフォークボールのコンビネーションは、今年のドラフト1位候補として注目されるものだった。しかし、今年に入ると先発として投げるようになり、今年の都市対抗では制球を気にした投球を見せていた。

それでもこの日、指名あいさつをした巨人の長谷川スカウト部長は「今1軍で投げている選手と比較しても全く遜色ない」と絶賛すると、織田スカウトも「ポテンシャルは1位の12人に入ってきてもいいくらい」とドラフト1位級の投手と評価をしている。

太田投手は「社会人では先発も中継ぎもやらせていただいた。1年目は任されたところをしっかりやっていければ。日本を代表するエースになりたい」と話す。持っているものは菅野投手クラスだが、長いイニングで集中が続かない所があり、個人的にはリリーフで甲斐野投手やマシソン投手のような剛球を見せてほしいと思う。

3年間で、オリックスの山本投手はリーグ屈指の投手となりつつある。また梅野投手もリリーフとして1年目から実績を積んでいる。太田投手が1年目からどんなピッチングを見せるのか注目したい。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧

1年目の目標を「開幕一軍」と色紙に記した。支配下ドラフトでは唯一の社会人。他5人が高校生ということもあり、自覚は十分だ。長谷川スカウト部長は「今1軍で投げている選手と比較しても全く遜色ない」と絶賛。織田スカウトも「ポテンシャルは1位の12人に入ってきてもいいくらい」と太鼓判を押した。


PAGE TOP